芸能界一のモテ女芹那が芸能界で嫌われ始めた理由

アサ芸プラス / 2013年8月20日 10時0分

 現在、女芸能人で一番モテるとされている芹那(28)。だが、今や“もっとも煙たがれる女”と化しているのだという。芸能記者が語る。

「SDN48時代は前に出るタイプではありませんでしたが、ソロになって覚醒しました。これまでピースの綾部やフットボールアワー後藤と噂になり、小池徹平との密会も写真誌に激写されました。綾部や後藤が言い寄ったところ、芹那本人が『口説かれた~』と周囲に言いふらしたのです。小池のほうは本気だったようですが、芹那が周囲に吹聴していたことが漏れて、撮られたというのが真相のようです」

 男を見つけては彼女が触れ回る理由は意外にも「カネ」だという。バラエティなどに頻繁に登場する売れっ子なのだから、それほど困っていないと思われるが‥‥。

「芸能人にとって一番おいしいのはイベントの仕事です。バラエティ番組は1本20~30万円ですが、わずか2~3時間の拘束で100万円近くもらえるイベントはオイシイ。男の噂があるとイベントに呼ばれるチャンスが増え、会場でそれをネタにできる。盛り上がればまた次のイベントに呼ばれるというサイクルを狙っているのでは」(イベント関係者)

 こうしたことから、芸人たちの間には、

「芹那に気をつけろ」

 という合言葉があるほどだという。南海キャンディーズの山里亮太がラジオ番組で、

「正直、芹那は苦手」

 と発言した背景には、彼女が芸人との交遊を仕事のネタにしているのを知ってのことだという。前出・芸能関係者が語る。

「大物食いを狙ってインテルの長友佑都に猛アタックをかけましたが、長友は『この女、ヤバイ』と警戒し、まったく見向きもしませんでした。腹を立てた彼女が周囲にあることないことを漏らし、長友との密会報道に繋がったのです」

 ワールドクラスの速度を持つ長友でも逃げきれない芹那。あのかわいい猫なで声の裏には、猛毒が含まれているようだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング