長澤まさみが久々に公の場に登場!明らかになった「バストの変化」

アサ芸プラス / 2020年6月18日 5時58分

写真

「長澤まさみの胸が小さくなっている!」男性ファンからそんな“悲鳴”が上がっているという。以前に比べてバストが縮小しているというのだ。

 そんなざわめきが起こっている理由は、長澤が6月15日、主演を務める映画「MOTHER」の披露イベントに出席したことだ。約3カ月ぶりに公の場に姿を現したのだが、この日の長澤はブラウンのスカートに透け感のある薄手の長袖ニット。その下には黒のアンダーウエアが見える。大人の雰囲気を漂わせながら清潔感のある衣装だ。

「以前の長澤であれば、ニットの胸の部分が大きくふくらんでいたはずです。ですが、今はまったく盛り上がっていないように見えたんです。一時は推定Fカップと言われましたが、あれはFなんてないはずです。どんなに大きく見積もってもCではないでしょうか」(週刊誌カメラマン)

 この日の長澤の写真が報じられると、またたく間にそんな“疑惑”が広がった。ガッカリする男性ファンが続出したのだ。いったい彼女に何が起きたというのか。

「久しぶりに見た長澤はかなり痩せたように感じました。あごまわりがすっきりして顔全体がほっそりした印象。さらに肉感的だった二の腕もかなり細くなったように思えました。外出自粛期間にダイエットしたのかもしれません」(前出・週刊誌カメラマン)

 痩せたのはいいとしても、もし、胸が小さくなってしまっていたとしたら「残念な事態」である。早く以前の長澤まさみに戻ってほしいものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング