橋本愛の「魔性」のウラにある天然ボケ素顔

アサ芸プラス / 2013年8月30日 10時0分

「あまちゃん」で共演した落合モトキとのツーショット写真が「フライデー」に掲載されたことに続き、人気俳優・綾野剛との交際が「女性セブン」で報じられた、若干17歳の魔性の女・橋本愛。しかし、その評価はうなぎのぼりだという。大手広告代理店社員が語る。

「『あまちゃん』では準ヒロインでしたが、方言などの変化球をつけない演技力に評価が高まっています。評価したいのはスキャンダルでも落ちない価値。こういうのはキャラクターの問題で、学んでできるものではなく、早くも女優の貫禄を身にまとっている印象です」

 一方で、イベントで不機嫌騒動を起こすなど、気分屋で扱いづらいと思われがちな橋本だが、デビュー直後のインタビューには、

「よく周りから“変人”と言われるんですが、それは違います!」

「怖いと勘違いされるけど、全然怖くないのに~」

 と、答えており、実像と世間のイメージの差に納得がいっていない様子だ。しかし、そのギャップに男はやられてしまうのだという。好きな言葉を聞かれた際に橋本が即答したのはなんと「坦々麺」。また、好きな漢字と聞かれて、「騒」だと答えたのだが、その理由がすごい。

「止め、払いがバランス良く入っていて、好きなパーツが揃っている」

 ある芸能関係者はこう答える。

「クールなイメージなのに、実は天然。男性が興味津々になるのもわかりますよ。そのうえ誘いには積極的に乗ってくる。異性交遊が盛んな証拠に『あまちゃん』の現場ではケータイばっかり見ていたようです」

 次はどんな熱愛騒動を起こすのか、多くの芸能記者たちが注目しているという。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング