萩本欽一「坂上二郎さんから運命の日の電話」(1)

アサ芸プラス / 2013年9月5日 10時0分

 昔、堀ちえみちゃんから、

「萩本さんと『コント55号』って何か関係があるんですか?」

 と聞かれたことがありました。

「テレビを観てたら萩本さんが映ってて、その下に『コント55号』っていうテロップがあったんですよ」

「コント55号」の結成は1966年(昭和41年)で、ちえみちゃんが1歳の時です。覚えてませんよね。

 僕と坂上二郎さん(2011年死去・享年77)とのコンビ「コント55号」。

 二郎さんとの出会いは、結成4年前の62年(昭和37年)でした。

 僕は高校を出ると、浅草の「東洋劇場」で、東八郎さんの弟子として芸人修業を始めました。

 結局、「東洋劇場」には2年3カ月いて、その後、「地方での仕事はいい腕試しになるぞ」と先輩芸人から勧められ、1年間のドサ回りに出ます。

 踊り子さんのショーの合間に1人コントをやるんですが、お客さんはヌードを観に来ているわけで僕なんかお呼びじゃありません。

「男を観に来たんじゃないんだ、引っ込んでろ!」

 ヤジが飛びます。

「ダメなの!」

「何でだよ!」

「これをやらないと、ギャラの800円がもらえないの!」

 客席はバカウケで、このドサ回りでずいぶんと舞台度胸がつきました。

 1年後、浅草に戻ると「東洋劇場」の支配人が、

「お前もドサ回りで一人前になっただろう。『フランス座』へ行って来い」

 と言います。

「東洋劇場」と「フランス座」は同じ建物の1階と2階にあり、「フランス座」に出向して芝居をしろというわけです。

 二郎さんはそのフランス座にいて、リーダー格の芸人でした。

 芸人さんたちのチームワークがしっかりとできているところに、よそ者の僕が入っていったわけですから、「よけいな者が来やがって!」と、誰も口を利いてくれません。

 舞台の上でも、突然、台本にもないセリフを言われたりとか、ずいぶんといじめられました。

 その中でも、いちばんヒドイ目にあわされたのが二郎さんです。涙が出るほど悔しくて、ムキになってやり返しました。

 セリフの終わった二郎さんが舞台から去ろうとすると、

「ちょっと待った!」

 僕がアドリブで絡んでいきます。二郎さんも、

「この野郎!」

 と、絡んできます。

 30分近くやり合ったこともありました。お客さんにはバカウケでしたが、お互いに「この野郎!」と思っていて、楽屋では口を利くこともなかったし、「フランス座」の興行が終わると、二郎さんとのつきあいは完全になくなりました。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング