小島瑠璃子、「キングダム原作者と交際」報道で“あざといキャラ”が急展開!?

アサ芸プラス / 2020年8月3日 17時59分

写真

 7月31日、「NEWSポストセブン」が、タレントの小島瑠璃子と人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏と交際中であることを報じている。

「伝えられたところによれば、最近になり小島のほうからアタックし、交際に発展したという。小島は仕事がオフの時に原氏の自宅がある福岡を訪れ、デートをしているとのこと。記事では、7月下旬に博多駅の地下食品売り場で腕を絡ませながら買い物を楽しむ様子や、縁結びのご利益がある神社を訪れたり映画を鑑賞して原氏の自宅へ向かうところなど、小島が2連泊した様子を伝えています」(芸能ライター)

 もともと小島が「キングダム」ファンであることは知られ、昨年1月に放送された「世界ふしぎ発見!」(TBS系)では、漫画に絡めた中国を訪れる企画でミステリーハンターとして出演。そこで原氏との対談を果たした小島は、テンション上がりまくりの状態だった。

「記事を見る限り、マスク姿ながらも人目をはばからずのイチャイチャ感が伝わり、小島のベタ惚れようが伝わってきます。ただ、この報道によりネット上でファンの嘆きの声とともに広がっているのは“意外”とした見方。もちろん、漫画のファンがきっかけの始まりもそうですが、年齢的には原氏が45歳で、小島との差は19。しかも、かつて交際が言われていたのが関ジャニ∞の村上信五だったことを考えれば、“予想外に地味なところへ行った”という印象だからでしょう。これで男性ファンの人気が一気に離れることは確実ですが、一方で“あざといキャラ”は払拭できるかもしれません」(芸能ライター)

 ともあれ、意表をついた熱愛である。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング