まるで三者面談!?設楽統&乃木坂46生田絵梨花の「もはや親子」な関係性!

アサ芸プラス / 2020年10月11日 17時58分

写真

 約9年も成長を見届けていれば、もはや親子のようなもの!?

 乃木坂46の生田絵梨花が10月6日放送の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)に出演。同番組のMCであり、乃木坂のレギュラー冠番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)のMCを務めるバナナマン・設楽統とのやりとりがファンの間で話題となっている。

 この日、生田は東宝ミュージカル初の配信作品「TOHO MUSICAL LAB.」の「Happily Ever After」で共演した海宝直人とともにゲスト出演しているが、劇中曲「Around The World」を生披露している。

 海宝は7歳で舞台デビューを果たしたベテランのミュージカル俳優だが、設楽は海宝に対し「生田の歌いながらの演技っていうのはどうなんですか?」「自分の娘のように思ってますから、どうですかね?この生田の歌と演技っていうのは…」と質問攻め。

 これに海宝が「一緒にやってると、とっても感情とか思いが伝わってくるので楽しいんですよね、一緒にお芝居を作っていくのが」と生田の演技の絶賛すると、たまらず設楽は「うまいでしょ?」と、まるで親バカのように満足げな表情を見せた。

 一方の生田も劇中曲を歌唱後には「お父さんに見られてるような感じだった」と、付き合いが長い設楽に見られていたことで緊張しながらのパフォーマンスになったことを明かしていた。

 そんな2人の様子を見て、乃木坂ファンからは「年の離れた兄妹みたいなもんだろうな」「設楽さんは本当に乃木坂ちゃんがゲストで来ると嬉しそうだな」「まるで三者面談やん(笑)」ホッコリするファンが続出している。

「バナナマンは現在放送中の『乃木坂工事中』の前身番組である11年10月放送の『乃木坂って、どこ?』からMCを務めており、乃木坂との付き合いは約9年になります。もはやそこまで付き合いが長いと父親目線で生田を見守ってしまうのも無理はないでしょう。番組スタート当初の生田は14歳の年少メンバーでしたが、料理企画でだし巻き卵を作ろうとした際、フライパンも使わず直にIHコンロに卵をぶちまける放送事故を起こしたりと、ぶっとんだ行動を何度も見せています。しかし、そんな生田もだんだんと大人になり、17年放送の『乃木坂工事中』で行われた『手作りお弁当グランプリ』では、料理の腕が格段と上がっており、卵焼き部門ではなんとチャンピオンに。設楽も『すっごい急成長! 原始人が急に現代人になった』と驚いていたものです」(アイドル誌ライター)

 アイドル活動に加え、舞台女優としても活動していることもあり、過密スケジュールをこなし、乃木坂イチ多忙なメンバーとも言われている生田。

 それでも、外出自粛期間中には2カ月弱でバイオリンとギターをマスターしたりと、とにかくストイックな性格とあって、その成長速度はすさまじいもの。それだけにその成長ぶりを見守る設楽も楽しく仕方がないことだろう。

(石田安竹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング