「やっぱり鉄子」藤原紀香、乗車を熱望した新型新幹線の「スゴイ性能」とは?

アサ芸プラス / 2020年10月20日 9時58分

写真

 女優の藤原紀香が意外な鉄道好き素顔をブログで明かし、鉄道ファンの間で注目を集めている。

 紀香は10月14日の投稿で新幹線を利用したことを報告。なんでも日帰りでの新幹線移動になったという。あわせて〈あの車両には会えなかった笑〉と明かした。

「紀香さんの『あの車両』とは、東海道新幹線の新しい新幹線車両『N700S』です。10月8日のブログでこのN700Sに乗ったことを投稿しています。よほど気にいったようで、今回も乗りたかったのでしょう。自分が乗る新幹線が何か気にする人はあまりいませんから、やはり彼女は十分『鉄子』(女性の鉄道ファン)の素質があると言っていいでしょう」(鉄道ライター)

 紀香が熱望するほどN700Sはそんなにいいのだろうか。

「これまでの新幹線車両よりも安全性や環境性能が上がっています。また、快適性も向上しました。全席にコンセントを用意。トイレは大きくなって装備も充実。普通車の座席は背もたれと座面が連動して動く、新たなリクライニング機構を採用しました。グリーン車はデザインが変更され、シートの“包まれ感”が上がっています。また、くるぶしを回転の中心に設定した新たなリクライニング機構が導入されました」(前出・鉄道ライター)

 N700Sの「S」は「最高の」を意味する「Supreme」。以前の車両よりもよくなっているのは間違いなさそうだ。もし新幹線に乗る機会があれば、Sを選びたい。

「N700Sの運用は徐々に増えているので、意識しなくても乗る機会は今後あるでしょう。どうしても乗りたいのであれば、東海道新幹線の各駅かJR東海のテレフォンセンターに問い合わせれば教えてくれます」(前出・鉄道ライター)

「鉄子」藤原紀香なら、すでに知っている情報かもしれないが。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング