千眼美子、肌見せショット謎の3連発披露で指摘されたバストの“異変”

アサ芸プラス / 2020年10月30日 17時59分

写真

 女優の千眼美子がインスタグラムで肌見せショットを連発し、ファンから絶賛の声が上がっている。

 千眼は10月25日から26日、27日と3日間にわけて同じ服装の写真を連続投稿。ゆったりしたアイボリーのズボンにノースリーブのシャツで、キュートなポーズを披露した。

「ノースリーブなので二の腕が出ていて、それがとても刺激的だと評判です。何やら不思議な色香を感じますね。彼女が同じ服の写真を3日続けて投稿することはほとんどありません。よほど見せたかったのでしょう」(週刊誌記者)

 千眼は今年6月にもTシャツの袖を思い切りまくりあげた二の腕見せつけショットを公開しており、この時も「艶っぽい!」と評判になった。

「やはりほどよい肉付きで色白の二の腕に自信があると考えてよさそうです。ただ、残念なことにバストの膨らみは小さくなっているようなんです。彼女は昨年にバストのサイズアップが伝えられ、Dカップ説まで飛び出すほどだったんです。ところが今年になると小さくなっているとの指摘が相次いでいる。そして今回、やはり小さくなったと言わざるを得ません」(前出・週刊誌記者)

 もともとサイズはそれほどなく、我々が騙されていたということか。ともあれ、胸は小さくても自慢の二の腕全開でカバーし続けて欲しいものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング