フジ永尾亜子、SNSフォロワー伸び悩み報告でネット民が指摘した“艶過去”

アサ芸プラス / 2020年11月9日 9時59分

写真

 艶っぽさよりもむしろ押し出していかなければならないのは清純さ?

 フジテレビの永尾亜子アナが去る10月28日に放送された同局の情報番組「バイキングMORE」に出演。インスタグラムのフォロワー数の少なさに悩んでいることを打ち明けている。

 番組では「気になってるの私だけ?」と題し、インスタグラムのフォロワーを増やす方法を専門家に聞いていたが、永尾アナがまさにフォロワー数に伸び悩んでいるとのこと。

 というのも、フジテレビでもアナウンサーの多くがインスタグラムを開設しているが、この日の放送時点で永尾アナのフォロワーは1.7万人。フォロワー数トップの久慈暁子アナの44.4万人とはその差は段違いで、今年4月に入社した佐久間みなみアナも2.9万人のフォロワーを抱えていることから、永尾アナのフォロワー数が少ないことは明白なところだ。永尾アナもフォロワー数の多さが仕事面に直結すると考えているようで「フォロワー多い人は仕事が来たりするのかな」とボヤいてた。

 そんな永尾アナに専門家はプロフィールの書き方や、ハッシュタグの付け方、そしてインパクトある写真を掲載するべきだとアドバイス。また、スタジオ出演者のhitomiは永尾アナについて「かわいらしいし、美脚だし、いろんな武器を持っているのに…」と前置きして、女子アナの持ち味の一つである艶っぽさについて、「なくてもったいない」と、なかなか“攻めた”指摘をしていた。

 しかし、そんな永尾アナに世間からは「女子アナに艶っぽさは不要。というか、むしろ艶っぽさなら抜群にある」といった意味の内容に代表されるような、辛口なコメントが多数寄せられている。

「女性ファッション誌『non-no』で専属モデルを務めるなど大学時代から芸能界で活躍していたカリスマ性もある久慈アナは別格として、永尾アナも関ジャニ∞の大倉忠義がインタビュー中に『めちゃくちゃキレイですね』とビジュアルを絶賛されるなど、素材は十分にいいです。ただ、入社1年目に音楽イベント『ULTRA JAPAN』のVVIP席(超VIP席)で、フジの幹部と約1分間にも及ぶディープなキスをしていたと一部メディアで報じられたことは大きなイメージダウンになってしまいました。お酒に酔っていたとはいえ、あまりにインパクトが強い内容ですから、いまだに事あるごとに掘り返されてしまっている現状です」(エンタメ誌ライター)

 艶っぽさを出せば“黒歴史”を掘り返されてしまうジレンマがあるということのようだ。ならば、14日放送回で彼氏の前でにぎりっぺをしていることを告白したように、明るくオープンなキャラを貫き、日本テレビの水卜麻美アナをモデルにして頑張るのが人気アナに上りつめるための近道かも!?

(田中康)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング