朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”

アサ芸プラス / 2020年12月2日 17時58分

写真

 NHK連続テレビ小説「おちょやん」が、11月30日の初回平均視聴率で18.8%と、イマイチのスタートとなった。

 同ドラマは女優の杉咲花がヒロインを務め、貧しい家に生まれながらも女優の道を生き抜き“大阪のお母さん”と呼ばれるまでになった竹井千代の人生が描かれる。

「新型コロナの影響で前代未聞の2カ月遅れでの開始となりました。なんとか無事スタートが切れたことで、関係者一同ホッとしているといいますが、初回から数字は思ったより伸びませんでしたね。20%を割り込んだのは17年前期の『ひよっこ』(19.5%)以来、7作ぶりで、今後の先行きが懸念されています。“『エール』ロス”もあるでしょうが、最低でも20%は超えてほしかったところでしょう」(芸能記者)

 低視聴率の理由は、いくつかあるようだ。

「ネット上では『また貧乏物語か。朝から飲んだくれオヤジの顔なんて見たくない』『やたら演技の上手な子どもと貧乏一家。設定がどこかで見たような気がするんだよな』『こんな時代だからこそ楽しい話がいいのに、朝から河内弁のどなり声。萎える』などと言った声が寄せられ、主にマイナス面として話のマンネリ、暗さ、崩れ過ぎた方言などを指摘する声が多いようです。致命的なのは、大阪が舞台にもかかわらず、関西地区の初回視聴率が17.2%と関東地区よりも低い点。少々今後が心配になります」(テレビ誌ライター)

 今後、挽回することができるか。

(ケン高田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング