美女アナ「福マンは私」争奪戦が始まった(2)日テレ・岩田絵里奈の「度胸の原点」

アサ芸プラス / 2021年1月16日 9時57分

写真

 テレ朝では森川夕貴アナ(27)も負けてはいない。持ち前のアナウンス技術に、老若男女を問わない嫌味のないキャラクターが評価され、「報道の顔」にまっしぐらともっぱらなのだ。テレ朝関係者が続ける。

「現在は『報道ステーション』の木曜と金曜のメインキャスターを務めていますが、常に落ち着き払っている彼女に、局内の評価が急騰しているんですよ。ある幹部は『将来性を考えて自局の森川アナをフリーの徳永有美(45)よりも優先して使うべき』と、周囲に繰り返し語っている。こうした働きかけから、コロナ終息後は小川彩佳(35)以来の『全曜日メインキャスター』抜擢が有力視されています」

 昨年末、「好きな女子アナウンサーランキング」に初ランクインした、日本テレビ・岩田絵里奈アナ(25)の勢いが止まらない。番組制作スタッフによれば、

「元乃木坂46メンバーの市來玲奈アナ(24)と同期だったこともあり、入社当初は影が薄かったのですが、その後の仕事ぶりが評価され、局内で急激に支持を伸ばしているんですよ。今や『ポスト水卜』の最右翼と目されています。アシスタントを務めている『世界まる見え!テレビ特捜部』の収録の合間にはビートたけし(73)に話しかけ『ゴンちゃん、元気ですか』と愛犬の近況を聞くなど、超大物にもまったくものおじしない。スタッフの間でも『とにかく番組進行がスムーズ』と評判なんです。たけしから『話の入り方が先天的にうまい』とベタぼめされるのも、度胸あってのことですよ」

 彼女の「度胸の原点」とみられているのが「超年上の元カレ」の存在だ。

「岩田アナは大学時代の15年に俳優の大沢たかお(52)と『27歳差交際』が報じられました。彼女が大物慣れしているのは今に始まったことではないんです。大沢と交際していた経験が圧倒的な度胸につながっているんでしょう」(番組関係者)

 真偽のほどはともかく、意外な「熱愛スキャンダル経験」がプラスに働いているというのだ。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング