もはや運命!?松本潤、大河ドラマ主演で「元カノ女優を想起する人が続出」のワケ

アサ芸プラス / 2021年1月23日 9時58分

写真

 2023年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」の主演を、嵐・松本潤が務めることがわかった。同ドラマで松本は、徳川家康を演じるという。

「NHKによると、『どうする家康』にて松本は、江戸幕府を開いた徳川家の初代将軍・徳川家康を演じるとのこと。そして脚本を『リーガル・ハイ』や『コンフィデンスマンJP』(ともにフジテレビ系)の人気脚本家・古沢良太氏が担当するそうです。この発表に、嵐ファンからは歓喜の声があがったものの、大河ファンからは『タイトルが大河っぽくない』『松潤は家康のイメージと違う気が…』『主演は実力派俳優を起用してほしかった』などと否定的な意見も飛び交っています」(テレビ誌記者)

 そんな松本といえば、昨年末で嵐の活動を休止させたことで、かねてから交際の噂される井上真央と結婚が近いのではないかと噂されている。しかし、今回の大河ドラマの発表後、ネットでは、井上ではなく松本の元恋人に関する話題が持ち上がっているという。

「『どうする家康』の舞台となる徳川家といえば、葵の葉を3つ描いた家紋を用いていたことで知られています。そのため、松本の大河に関するニュースが発表されると、ネットでは“徳川=葵=松本”と結びつけてしまう人が続出しており、『もはや2人は運命なのでは?』『継室や側室で葵つかさちゃんを出演させてほしい』『噂があったのに松潤を家康に起用するなんて、NHKは狙ってる?』といった声が飛び交っているのです。放送はまだ先ですが、本編で葵紋に関するシーンが出るたびに、松潤が視聴者からイジられることになるかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

 すでに破局していると思われる松本と葵。しかし当時、トップアイドルと艶系女優という組み合わせが衝撃的だったこともあり、今回の件で思い出す人も多かったようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング