「やめてもいいとも!」だったフジテレビのタモリ切り

アサ芸プラス / 2013年11月5日 10時0分

 かつては20%超の視聴率を叩き出し、昼の時間帯では無敵だった「笑っていいとも!」。しかし、ここ数年は5~6%台にまで落ち込んでいた。一方、タモリ(68)のギャラは1回300万円以上で、年間10億円以上が支払われているという。業績こそ好調で、グループでは民放ナンバー1の売上を誇るフジだが、本業は不調そのものである。フジテレビ局員が語る。

「年間視聴率で民放4位に転落する危機で、番組制作費を抑えるように言われています。フジというだけで、渋い顔をする広告のクライアントが増ました。“タモリ切り”は避けられない状態でした」

 タモリ本人は、昨年末の段階で「いいとも」終了の一件を聞き、こう答えたという。

「今後のことはフジテレビにお任せします」

 タモリらしい飄々とした態度だが、所属事務所の抵抗は激しく、打ち切り計画をめぐっては、水面下でフジと激しいやりとりを繰り返し、何度も物別れに終わっていたという。

 話し合いがまとまったのは、タモリへの通告から1年になろうとした、10月上旬、極秘裏に「きれいな形で」ということを条件にタモリの幕引きが決まったようだ。もちろん、国民的長寿番組打ち切りショックによる、視聴者の“惜別効果”を狙うフジの皮算用が働いたことは言うまでもない。「いいとも」の後番組は中居正広が司会の番組という噂があるのだが、前出・フジ社員はこう語る。

「実は全くの白紙の状態なんです。最有力候補が中居さんであることは間違いないのですが、彼の平日のスケジュールを全て抑えられることに『SMAPのコンサートができなくなる』と、事務所が難色を示しているからです」

 一方、放送終了後、タモリにはフジから億単位の功労金が支給されるという話も局内では取り沙汰されており、やめても「いいとも!」という状態なのだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング