誰からも好かれた島倉千代子の無邪気な素顔

アサ芸プラス / 2013年11月22日 10時0分

 11月8日に肝臓がんで亡くなった歌手の島倉千代子さん(享年75)。お人よしな性格ゆえ、騙されることも多い人生だった。

「結婚前に3度中絶したり、知人に騙されて何億もの借金を抱えたりという大波乱の人生だったのに、最後まで『私は人を騙すより、騙された方がいいの』と、人を信じ続けたんです。お手伝いさんもおかず、自宅ではいつもスッピンで、『動きやすいから』とモンペを穿いて、部屋を掃除するのが日課だったそうです」(島倉の知人)

 晩年まで、無邪気な人柄で、大御所なのに全く気取らない部分にかわりはなかった。こんなエピソードも‥‥。

「最近はテレビ出演がほとんどなかったんですが、昨年11月21日の『くりぃむクイズ・ミラクル9』(テレビ朝日系)の有名人当てクイズで、島倉さん名前が解答の問題が出題されたんです。正解が出ると、島倉さんの名前と顔写真がテレビ画面いっぱいに映った。すると、たまたま番組を見ていた島倉さんは、自分は出演してないのに、自分が出題されたという事をすごく喜び、知人に『私、出てたのよ!』と電話していたようです。誰に対しても腰が低く、仕事の際は裏方のバイトさんにまで、『ご苦労様、ありがとね』と大物ぶらず声をかけ回るので、誰からも好かれていました」(前出の知人)

 地方公演の宿泊先の旅館では、必ず退室時に自分から掃除をしていたという島倉。旅館の仲居も「一般客でもこんな事、めったにしないのに」と驚き、感心していたという。

 最後まで人への気遣いを忘れない大御所だった。合掌。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング