清原和博「落合は変態どM」暴露発言で球界総スカンの全内幕!(3)

アサ芸プラス / 2013年12月4日 9時57分

 中日球団関係者が語る。

「後輩かわいさゆえの怒りをブチまけた形ですが、清原氏は中日の内情を理解せずに言ってしまった。彼は勘違いしているんですよ。白井文吾オーナーが立浪氏を買っていないこと、その理由がコンプライアンスの問題‥‥つまり立浪氏の素行、交遊関係、女性問題などにあることを知らないのでしょう」

 確かに、過去に立浪氏と裏社会の黒い交際や女性トラブルが何度か報じられるなど、中日フロントが今も問題視するのは無理からぬこと。ただ、

「こうしていろいろなことを話すことで、立浪氏がネタ元であるとバラしているようなものであり、かえって立浪氏の立場を悪くすることに気づいていないのでしょうか。当の立浪氏も『あぁ、やっちゃった』と困惑していると聞きました」(NPB関係者)

 球団にないがしろにされたと後輩を擁護したつもりが、痛恨の失態につながってしまったのである。

 実はこの騒動を落合氏と中日のみならず、複数の球団が不快に思っているようだ。前出・NPB関係者によれば、清原氏の古巣・西武の球団幹部は、こう話しているという。

「清原は『監督をやりたい』と言っているが、やりたいなら試合の現場に来るべき。でも、彼は全然来ないだろう。ましてや今回のような話を暴露したり、バラエティ番組に出たりするのをやめてもらいたい。今のままなら、少なくともウチは永久にオファーを出すことはない」

 別のセ・リーグ球団関係者も辛辣に語る。

「これで清原氏は事実上、ユニホーム復帰は絶望的に‥‥つまり、現場レベルでは球界追放と言えるかもしれません。もしコーチ、監督になれば、立場上、守秘義務も生じる。ドラフト戦略やトレードなどの編成問題、あるいはチーム内の機密事項といったものをペラペラとしゃべられるのではないかと思うと、危なくてしかたがない」

 みずからの口が招いた災いとはいえ、もはや球界総スカン状態に陥ってしまったのだ。

 先の西武球団幹部は、清原氏の将来的な指導者への希望を明かしたが、当の清原氏はというと、

「そんな俺を呼ぶところなんかあらへんやろ」

 と、半ば諦めムードなのだという。なぜなのか。

「希望を持ちながらも、心の中では現場復帰の目がきわめて乏しいことをわかっているようなのです。というのも、足にタトゥーが入っているとの噂が広く流布しており、球界はそういうものを嫌いますからね。だから、あんな過激なことを言っても平気なのだろう、と報道陣の間では見られています」(スポーツ紙デスク)

 そこに今回の「落合コキ下ろし」騒動が決定打となり、清原氏を取り巻く状況はますます厳しいものになるばかりである。

アサ芸プラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング