1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「ボク恋」大爆死で田中みな実に相次いだ男性視聴者の要望とは!?

アサ芸プラス / 2021年7月8日 17時58分

写真

 7月4日に放送された中川大志主演のテレビドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系)第1話の視聴率が、5.8%だったことがわかった。この数字は、初回としてかなり厳しい結果だという。

「日テレ日曜ドラマ枠の初回視聴率はこれまで、NEWS・加藤シゲアキが主演した『ゼロ 一獲千金ゲーム』の7.1%が最低でした。しかし『ボクの──』は今回、それを大幅に下回る結果に。また放送後、ドラマファンの間でもあまり盛り上がっていないため、今後さらに数字を下げてしまう可能性もあります」(テレビ誌記者)

 そんな「ボクの─」は、中川演じる殺し屋が新木優子演じるターゲットの人気漫画家・美月に恋をするというラブコメディである。同ドラマは初回から視聴率がつまづいてしまったことで、今後、漫画家のアシスタント役を務める田中みな実に視聴者からある要望があがっているという。

「『ボクの─』の脚本を務めた徳永友一氏は、深田恭子が主演し話題となったドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)も担当していました。『ルパンの娘』といえば、胸の渓谷や美脚を露わにした田中演じる女泥棒の大胆すぎる衣装も話題に。そのため新作の視聴率苦戦を受け、ドラマファンの間では『『ボクの─』でも田中に艶っ気満載の衣装を着させてほしい!』『「水戸黄門」の由美かおるのように、毎週みな実が一肌脱ぐしかない!』と希望する声が相次いでいるのです。1話はまだ彼女の出番が少なかったことで、もっと見たいというファンも多いのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 昨年放送されたドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)では、田中の怪演が話題となったことで、中盤以降に急きょ出番が増えたこともあった。「ボクの─」でも今後、田中がドラマを引っ張っていく存在となるかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング