15年ぶりの共演で華原朋美が小室哲哉に「仕掛けた」夜

アサ芸プラス / 2013年12月11日 9時59分

「今まで迷惑と心配かけて本当にすみませんでした。これからはちゃんと前を向いて行けそうです。今日は凄く楽しかったです」

 薬物依存から芸能界復帰した歌手の華原朋美が12月4日の「FNS歌謡祭」(フジテレビ)で元恋人の小室哲哉と共演した。かつての恋人同士が「歌謡祭」でついに再会を果たした形だが、

「華原がしきりに小室と目を合わせようとするも、小室は幾度となく“スルー”する場面が目につきました。歌唱後、華原が小室に駆け寄りましたが、このシーンは台本にはなく、華原さんの独断です。これに小室サイドは『聞いてない!』と怒っていた。小室は華原に『頑張って』と声をかけ、握手を交わし大人の対応をとったんですけど、感慨にふけることもなく、さっさとステージを降りた。華原が話題作りに自分を利用としていることを知っていたので、そっけない態度になったのです」(フジテレビ関係者)

 華原と言えば、明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏との熱愛報道が記憶に新しいが、芸能プロ関係者が耳打ちする。

「実は、これも華原サイドが女性誌にリークした話題作りだった。目的は紅白歌合戦の選出で、そのためのアピールに熱愛報道を利用した」

 華原にとって小室との再会は、竹田氏との熱愛報道に続くデモンストレーションだったというわけなのだ。

「『歌謡祭』に小室の出演を希望していたのは華原サイドで、小室サイドは当初か乗り気じゃなかった。華原とすれば、この共演を機に再び小室に新曲プロデュースをお願いして、完全復帰に突き進みたかったようです」(前出・芸能プロ関係者)

 アテの外れた華原が再び取り乱さないか心配である。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング