喰らえ!ワイルド飯「丼ぶり屋 幸丼」

アサ芸プラス / 2013年12月20日 9時52分

スープ割りも美味!二度ウマい炙りチャーシュー丼

 分厚くカットされた巨大チャーシューが、器いっぱいに敷き詰められた「丼ぶり屋 幸丼」の人気メニュー「幸丼」。

 チャーシューは魚介や野菜中心のスープと豚骨スープの二段階でじっくり煮込まれた二段仕込みの逸品。「一杯の丼で幸せを感じてもらいたい」というのが店長のモットーで、ご飯は特Aランクの山形産「はえぬき」を使うなど素材にもこだわり抜いている。しかも並盛650円と懐にやさしく、まさに至れり尽くせりの一杯だ。

 チャーシューを頬張ると、ニンニクの香りが口の中にフワッと広がり食欲を刺激。甘辛ダレのかかったチャーシューからは凝縮された旨味がジワッと溢れ出す。ご飯の残りが3分の1程度になったら、スープ割りがオススメ。薬味を入れ、ダシを注げば海苔と山椒の風味が効いた“ひつまぶし風”チャーシュー茶漬けの完成だ。

 幸せが詰まった丼を食べたい人は、今すぐ「幸丼」へ行くっきゃねぇ。

丼ぶり屋 幸丼

住所:東京都品川区二葉1-9-8 電話:03-3785-9373 営業日:11:00~15:00、17:00~23:00(食材がなくなり次第終了) 休業日:日曜日 その他のオススメ:赤丼(麻婆丼) 550円、黒丼(カレー丼) 620円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング