1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

陣内智則、「エンタの神様」秘話公開に後輩芸人から「小栗旬だ!」称賛の深意

アサ芸プラス / 2021年10月2日 17時59分

写真

 俳優・小栗旬のモノマネでブレイクしたお笑いタレント・おばたのお兄さんのYouTubeチャンネル〈おばたのお兄さんといっしょ〉に、同じくお笑いタレントの陣内智則が出演。

 陣内を全国区の顔にしたきっかけと言えば、2003年4月に放送スタートしたお笑い番組「エンタの神様」(日本テレビ系)だろう。この番組に初出演した時のエピソードを陣内が語ったところ、その異例さに、おばたが「小栗旬じゃないですか!」と発言。その深意とは…?

 同チャンネルの9月15日付け投稿回〈陣内智則さんと対談!離婚の話。エンタの神様の話。アナウンサーの話。〉でのことだ。

「エンタの神様」と言えば、MCの白石美帆から出演する芸人の名前がコールされると、客席が「キャー!」と沸くのがお馴染み。ところが、この投稿回で明かされたところによれば、初出演時の陣内は、当時、無名ということもあり、客席は「シーン」と静まり返っていたそうだ。

 が、ひとたびネタを披露すると客席は爆笑に包まれた。すると、スタッフから「(ネタを)もう1本やってくれ」と、異例中の異例なお願いをされ、急きょ2本のネタを披露したのだそうだ。そして、以来、「お笑い界のニューウェーブ」とのキャッチコピーがついたのだと陣内が振り返った。

 すると、「スゲー!小栗旬じゃないですか!情熱大陸盛り上がりすぎて、もう異例中の異例、これ2週にしましょう!」と、人間密着ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)で初となる、2007年11月11日と18日の2週にわたって小栗出演回が放送された豆知識をおばたが口にした。

 これに陣内が「エンタ界の小栗旬や!」と、気をよくしてスタジオの笑いを誘う一幕を見せた。さらに、「いろんな意味で人生変わるかもって思ったのは、離婚した時」と、思いっきりためてオチを口にして爆笑を誘った陣内でもあったが、陣内いわく彼の「しんどい時代」も含め、見応えのある内容であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング