都知事選出馬も囁かれる東国原英夫氏の「アキレス腱」

アサ芸プラス / 2013年12月25日 9時59分

 12月11日、日本維新の会に離党届を提出した東国原英夫元衆議院議員(56)の周辺が騒がしい。猪瀬東京都知事の辞任による知事選に出馬や宮崎県知事返り咲きを狙っているとの憶測も飛び交っているのだが。

 政治部記者が言う。

「師匠でもあるビートたけし氏が、『東が都知事になったら北野党を結成して国政に打って出る』と言ってたと明かすなど、出馬すれば面白いことになるけど、実際は女性問題で難しいじゃないかな」

 週刊誌記者もこう続ける。

「宮崎県知事時代は、知事室から女のアノ声が聞こえたなんて書かれていたし、手切れ金150万円払って清算した女性の存在がクローズアップされたこともある。今も酔うと女性を街中でナンパして、女性の胸の谷間でニャーニャーと啼いてみせたり、芸人時代と変わらぬご乱行ぶりだとか。『情報ライブミヤネ屋』の宮根氏などは、番組で橋下さんと二人で事務所を作って、稼ぎまくったほうがいい、なんて言われている。たしかにあの二人ならそっちの方が儲かりそう」

 はたして都知事選出馬はあるのか。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング