元フジテレビアナの平井理央のテレビ初レギュラーが短命に終わりそうなワケ

アサ芸プラス / 2014年1月15日 9時59分

 元フジテレビ女子アナの平井理央(30)の初レギュラーが、日本テレビの「ぐるぐるナインティナイン」の名物コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!15」に決まった。

「平井がフジを退社したのが、2012年9月。同局のディレクターとの結婚による寿退社だったのに、古巣からまったく声がかからなかった。インタビュアーをやりたいとプロダクションに入らずフリーでやっていたためだ。窮状を見かねた実姉が個人事務所を興し、2013年元旦から活動をスタート。翌月、フジの『ウチくる!?』に出演した。が、それっきり。どこからもレギュラーの声がかからなかった。それだけに平井ファンは大喜びですよ」(テレビ雑誌記者)

 1月2日に放送された「ぐるナイ新メンバーお披露目Wゴチお年玉で運だめし新年おめでとう5時間SP」で「クビ」になったナイナイの矢部浩之の後釜に座った平井。「ごちバトル」参戦理由を聞かれて、笑顔で「大好きな番組だったので」とヨイショするのを忘れなかった。初戦は4位で切り抜けた。が、2回戦ではあっさり最下位に転落。何といきなり38万4200円の自腹となった。

「元フジの女子アナとは思えない。意外に不器用だし、バラエティ慣れしてないのか、料理のコメントもまだまだ。岡村らお笑い芸人とのカラミもイマイチ。久々にスポットライトを浴びたにもかかわらず輝きがなく、逆に子持ちで47歳の江角の方が光っていた。さっそくネットでは悪評の嵐です」(ネットライター)

 フジの女子アナは昨年、春日由実アナ、秋元優里アナらが産休を取り、高橋真麻、本田朋子、松尾翠らが退社。仕事は山ほどあるが、人気も知名度もあるといえば看板アナの加藤綾子アナしかいない末期的状況。この年末年始もカトパンひとりが出ずっぱりだった。

「外部発注したくても視聴率低迷が続き、予算は削減。予算があれば、株式を持つフォニックス所属の高島彩ら実績のあるアナに回ってしまう。平井はフジ入社2年目でスポーツニュース番組の『すぽると!』のキャスターに抜擢されたため女性にはなじみがない。雑誌の連載や唯一のCMも男性向けで、同年代の女性にまったくアピールできていない。これでは潜在視聴率も高くないわけで、あえて使う理由もないでしょう」(芸能ライター)

 せっかくレギュラーになった「ごちバトル」だが、同番組では今年は「クビ」が2人になることが決定。短命で終わるかも。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング