1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

プロ野球「ワーストナイン2021」に選出された高額年俸選手とは!?

アサ芸プラス / 2021年12月6日 17時58分

写真

 前年最下位からリーグ優勝を果たしたヤクルトとオリックスが日本シリーズで激突。連夜の大熱戦は鮮烈なインパクトを残した。さて、球史に残る番狂わせを許した“戦犯”とは─。

 まずは超高額年俸に見合わない「ワーストナイン投手」の成績を一刀両断!パの先発部門では、日本球界に電撃復帰した楽天の田中将大(33)が選ばれた。23試合に投げて4勝という結果に多くの野球ファンが肩透かしを食らった。

「13年に24連勝でチームを優勝に導いた印象が強いので、4勝という数字にはガッカリですよ」

 野球解説者の角盈男氏もその一人で、不調の原因をこう分析する。

「アメリカ野球の弊害が出たのではないでしょうか。メジャーでは球数を抑えるためにストライクゾーンの中で勝負していくのに対して、日本では遊び球を有効に使いながら抑えていく。100球以内に収めようとする気持ちが強いあまり、配球が読まれやすくなったのも一因でしょう」

 今季は155と3分の2回を投げて被本塁打は17本とリーグワースト5位。13年は226と3分の1回を投げてわずか6本だ。

 野球解説者で元日本代表のG.G.佐藤氏は打者の目線でこんな見解を示した。

「防御率3.01は決して悪い数字ではない。勝ち運がなかったことに加え、そこは日本のバッターをほめるべきかもしれません。メジャーでは低めのボール球を振らせて勝ち星を積み重ねてきましたが、日本人はなかなか低めに手を出さない。レベルアップを痛感したのではないでしょうか」

 続いて佐藤氏は、昨年11勝を挙げながら、最悪防御率(規定投球回数の2分の1)に沈んだ楽天・涌井秀章(35)を含めて追及の構えを見せる。

「涌井は今年からツイッターを始めて、私と会話している時はとても調子がよく、開幕から引き分けをはさんで4連勝ですよ。でも私のフォローをはずしてから勝てなくなってしまった(笑)。それは冗談として、田中(4勝)があと6勝、涌井(6勝)があと4勝を挙げて、そろって2ケタ勝利に到達していれば下馬評どおりに優勝できたんですよ」

 ファンはやりきれない思いだろう。12月7日発売の「週刊アサヒ芸能」12月16日号では、同誌の毎年恒例の名物企画である、セ・パ「ワーストナイン」を選出。期待外れのシーズンを振り返っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください