1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”

アサ芸プラス / 2021年12月7日 17時59分

写真

 12月5日に放送された小栗旬主演の日曜劇場「日本沈没─希望のひと─」(TBS系)の第8回の平均世帯視聴率が、13.5%だったことがわかった。前週の15.4%からは1.9ポイント減で、初めて15%台を割った。

 同ドラマは、初回は15.8%で好発進。第5話は16.9%で番組最高を記録し、第6話は15.8%、第7話は15.4%となっていた。8話連続で2ケタの高水準をキープしているものの、一方で今回、初めて15%台を割った状況だが、ネット上ではこんな厳しい指摘が相次いでいる。

「正直飽きてきた。見ていて違和感だらけ。なんか違うんだよなぁ」「中国に助けてもらうという展開がウケないんだと思う。来週はもっと下がりそう」「日本が沈むなら中国も影響受けそうなもんだけどな。何かシラケてきた」「あんな茶番なのに、数字とれすぎてる感が強い。これから下がっていきそうだな」

「5日は裏番組で『ドラマスペシャル 山崎豊子「女系家族」』の第2夜が放送され、こちらは平均世帯視聴率が12.0%で、同時間帯の前4週平均7.7%から大幅ジャンプアップしています。その影響を受け、『日本沈没』の数字が落ちたこともあるでしょうね。もっとも、後半に入って政治的駆け引きがメインになってきたこともあり、緊張感や切迫感が薄れてきたという声もあります。最終回が悲惨な事にならなければいいのですが…」(テレビ誌ライター)

 同ドラマはスタート直後から脚本の荒さを指摘する声が相次いでいたが、そのあたりも終盤になって数字に表れてきたのかもしれない。

(ケン高田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください