清原和博 「のどごし<生>」CM撮影で表面化した巨人との深い溝(3)

アサ芸プラス / 2014年2月19日 9時57分

 これほどまでに「清原氏+古巣ユニホーム」を巨人が迷惑がるのには、それ相応の理由がある、とスポーツ紙デスクは言う。

「よく巨人が清原氏のユニホーム姿をOKしたな、と驚きました。両者の確執は根深いからです。清原氏は巨人の取材には来ないし、評論家になって1年目、評論家契約するスポーツ紙に『巨人のキャンプも見てほしい』と依頼されて拒否しています。そもそも巨人時代の清原は、暴力団関係者とゴルフをしている写真が報じられたり、『俺は戦力なのか』と球団に乗り込んで球団代表に詰め寄ったり、堀内恒夫監督と対立して一触即発の状態になったり、派閥を作ったりと、いわばトラブルメーカー的な選手だった。球団はそのたび、後始末に右往左往させられましたから」

 スポーツライターがあとを引き取る。

「巨人をクビになる少し前、ある読売幹部が戦力外同様の扱いの清原氏の引退を想定して『外様選手だから大々的なセレモニーをやるのも変だし、どうすればいいのかな。巨人のために尽くしてくれたならまだしも、あれだけモメ事を起こしてくれたし、大して貢献していないし。だけど人気だけはあるからなぁ‥‥』とボヤいていました」

 あげくの果てに、引退後に出した自叙伝「男道」で、巨人との交渉、クビになった経緯などを暴露するとともに猛批判。巨人フロントを怒らせている。著書にはこんな痛烈なくだりがあったからだ。

〈ジャイアンツとの契約交渉の場は、東京の老舗ホテルだった。(中略)「それでウチに入りたいなら、入れてやるよ」という態度だった。むかっ腹が立った〉

〈それをこそこそと隠れるようにホテルに呼び出して、1分で切り捨てるのか。(中略)どうして、巨人は最後の最後まで僕を痛めつけようとするのか〉

〈僕は血の通った同じ人間ではなく、単なる使い捨ての商品のように扱われた〉

 前出・デスクが言う。

「今は巨人とは事実上の絶縁状態にある。そもそも巨人は選手の交際相手にはうるさい。清原氏は非公式な『要注意人物リスト』にあがっており、球団は選手を接触させたくないのです。巨人としては、もうウチとは関係ありませんという立場だから、ユニホームを着ることに難色を示すのもわかります」

 このCM出演を機に両者の絶縁ぶりはさらにエスカレートし、よほどのことがないかぎり、もう番長の巨人のユニホーム姿など見られないのではないか。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング