韓国&フジテレビの“ソチ五輪報道”がひどい(2)「メダリストも困惑…フジ女子アナのお粗末なインタビュー」

アサ芸プラス / 2014年3月5日 9時53分

 日本国内ではフジテレビが、視聴者を絶句させる五輪報道を展開したのである。

 羽生が金メダルに輝いた15日に、生中継をしていたのはフジだった。

「金が確定し、羽生のインタビューが行われた瞬間、CMを入れたんですよ。生放送だったのにCMが明けたら、画面からは“LIVE”の文字が消え、録画放送でインタビューを流していた。あきれるぐらい間が悪かった」(張本氏)

 17日には、「めざましテレビ」で、「ミタパン」こと三田友梨佳アナ(26)が羽生にインタビューする映像が流されたが、

「(メダルを)触らせてもらっていいですか?」

「あっ、おっきいですね!」

 と上目使いでおねだりしてメダルを手にしたことで、ネット上で大バッシングされた。

「三田アナのレポートは『私が‥‥、私が‥‥』が多い。選手の話をしろ、と思いますね」(張本氏)

 他にも、15歳の平野歩夢と18歳の平岡卓による、銀銅Wメダルに沸いた12日のスノボ男子ハーフパイプでも、フジはやらかしていた。

 同日の「スーパーニュース」では、今までの日本スノボ界を振り返る構成だったが、その内容は、まずトリノ五輪出場時に今井メロ(26)がオリジナルラップ「夢」を披露したところから始まり、本番では転倒するシーンを流した。

 さらには、バンクーバー五輪で國母和宏(25)が選手団ユニホームを着崩したことについて、謝罪会見の席上、軽い調子で「反省してま~す」と口にした場面が流れると、ナレーションで、

「國母選手が腰パン姿で登場。しかし今回、スノボ選手たちは腰パンなどはなく、キチッとした様子でした」

 と解説が入った。

「いかに今までのスノボ界が恥ずかしかったか、ということを印象づけるかのようで、バカにしているのかと思いましたね」(制作会社ディレクター)

 さらに「スーパーニュース」のあきれる番組内容は続いたのだ。

 メダリスト2人を招いて短いインタビュー中継を行ったのだが、現地レポーターの「ミオパン」こと松村未央アナ(27)が通り一遍のことを聞いて、いよいよ核心かと思いきや、彼女が言い放った第一声はなんと、

「好きな芸能人は?」

 である。あまりの出来事に2人は無言になるが、松村アナは、

「一般の方からの質問なので‥‥」

 と責任転嫁して、回答を要求した。しかたなく平岡が、

「さっき、桐谷美玲さんを見ましたけど、キレイでした」

 と答えると、松村アナは、

「18歳らしい回答ですね」

 と小バカにした対応。

「しまいには番組終了直前、メインキャスターの安藤優子(55)が『ダブルメダリストに話を聞きましたが、うーん、質問の答えがちょっと、ね(笑)』と、2人にダメ出しするかの口調でしたね。メダリストへの敬意がなく、久しぶりにヒドい番組を見ましたよ」(制作会社ディレクター)

 以前に「韓流偏重」を指摘されたフジテレビだが、「民度ゼロ」な報道姿勢も韓国と同レベルと言われそうだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング