お笑い界に驚異の新人登場となるか!? その名も加藤愛!

アサ芸プラス / 2014年3月6日 9時59分

 そんじょそこらのお笑い芸人が「束になってもかなわない!」という驚異の新人がテレビに登場、話題を独り占めしている。

 2月20日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に出演した加藤愛だ。加藤あいではなく加藤愛。ちなみに同姓同名の女性オペラ歌手がいるが、別人だ。MCのナイナイ・矢部浩之とマツコ・デラックスが待ち構える中、登場。ずんぐりむっくりのプニ子体型にセンス皆無の奇妙な衣装、とってつけたようなド派手な赤髪と一度見たら忘れられないビジュアル。島根県出身の19歳の女性で、「しゃべりと歌にギャップがある加藤愛」のテロップが出る。マツコは「(加藤あいとは)全然違うわよ」とびっくり。

 いざ口を開くと、またまた仰天。とんでもなく滑舌が悪いのである。「はじめまして、よろしゅくお願いしましゅ」「とってもきんしょうしてましゅ」「かちゅじぇつがとってもわるいの」としゃべりまくる。「しぇんしぇいにとっても怒られちゃうの」「歌手になるの、じゅーと夢なの」と歌手志望であるということがようやく滑舌の悪い話しぶりから聞きだせたため、歌声を披露してもらうことに。「行きましゅ、しぇーの!」と言ってAIの「Story」を歌い出したところ、驚くなかれ、言語明瞭、滑舌なめらか、そしてめちゃめちゃうまかったのである。

 3度驚いたマツコは「お前、このやろう、お前!」とキレてつっかかる。矢部は「くそー、やられた」といかにも悔しそう。疑り深いマツコは天然でなく作りかどうか調べようと何度もしゃべらせ、突然歌に切り替えて熱唱させてもみるが、ギャップは変わらず。「かちゅじぇつが悪いから、いっぱいかちゅじぇつを練習していて、あぶりカルビを3回、言わなきゃいけない」「あぶりかるび、あぶいかぶい、あぶかぶい」とさっぱり言えない滑舌の悪さに2人も大笑い。

「まったくの正体不明。先生がついていることから考えて歌手の卵らしい。ぜひお笑い界に転職を勧めたい。歌のうまい女芸人は山ほどいるが、ただ口を開くだけで笑いが取れるのはいない。作りであれだけできたらすごいし、天然ならまさに生まれついての芸人。妊活中の森三中の大島美幸のピンチヒッターなら体型もドンピシャリで、うってつけかも」(芸能ライター)

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング