日本アカデミー賞エロス部門は尾野真千子で決まり

アサ芸プラス / 2014年3月18日 9時59分

 日本を代表する美女たちが艶やかな姿で一同に会する『日本アカデミー賞授賞式』(日本テレビ)が3月7日に放送された。「ゴールデンタイムに放送されてもなあ…映画に興味ないしなあ…」と思うなかれ、めったにない美女たちの競演は、世のお父さんたちでも十分に楽しめたはずだ。

 まず注目すべきは、助演女優賞&主演女優賞のW受賞に輝いた真木よう子であった、が……。ワイドショースタッフが解説する。

「彼女の魅力はなんといっても、その豊満なG乳。ですが、この日は男装の麗人さながらのタキシードスタイルで登場。胸元は隠されたままでした。同じく隠れ豊乳の上戸彩も、上品な着物姿でそれはそれでよかったのですが、持ち味の巨乳が全く生かされていませんでした」

 新人俳優賞に輝いた壇蜜はどうだったか。

「谷間もヒップラインも全く見えない、ダボッとしたドレスでまったくの期待はずれ。セクシー路線出身だからこそ、日本を代表する賞レースの場ではあえて地味にしたのだと思いますが、受賞スピーチもお利口さんで面白くありませんでした。『壇蜜が何かやってくれるのでは』と思っていた視聴者はがっかりしたことでしょう」(前出・スタッフ)

 そんな中、ひとり気を吐いた女優がいた。尾野真千子である。

「番組冒頭では『今日は気合を入れてきた』と、着ているワンピースを自ら解説。胸元にはざっくりスリットが入り、あわやポロリ寸前。さらに背中がぱっくりと開いてこれでもかと生肌が露わになっており、ノーブラなのは間違いありませんでした。また、司会の西田敏行が『僕(尾野真千子が)好きなんだよね。この前も一緒に飲みに行ったもんね?』と問いかけると、『うん』とやり手ホステス並のトーンで答えるという場面もあり、その衣装と相まってますますスケベな雰囲気でしたね」(前出・スタッフ)

 日本アカデミー賞エロス賞は、間違いなく尾野のものだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング