テリー伊藤対談「小橋健太」(4)奥様との出会いはどんな感じだった?

アサ芸プラス / 2014年3月28日 9時57分

テリー 引退して、奥さん(演歌歌手・みずき舞)との関係には何か変化がありましたか。

小橋 大きく変わらないですけど、新婚旅行にやっと行きました。4年前に結婚したんですが、新婚旅行には行ってなかったんです。

テリー わぁ、いいねぇ。どこへ行ったんですか。

小橋 出会った場所が北海道だったので、北海道にしました。

テリー どういう出会いだったの?

小橋 彼女がキャンペーンガールみたいな仕事で北海道に3カ月ぐらい滞在してたんですね。僕が試合で札幌に行った日に、共通の知人から食事会をしようという誘いを受けたんですけど、その食事会の前に馬場さんとタッグパートナーのことで話をしたんです。それまで三沢(光晴)さんと組んで最強タッグを3連覇したんですけど、三沢さんが勝手に(秋山)準と組んで。それで僕は誰と組むのかな? と思っていたら、ジャイアント・キマラだったんです。

テリー ああ~、へんてこりんな格好をした。

小橋 ええ。で、馬場さんに「日本人のパートナーが欲しい」という話をしたんですけど、馬場さんは「ちょっと待て。ちょっと待て」って言うばかりなんですよ。だんだん腹が立ってきて。

テリー 「俺のことより何で三沢のことを考えてるんだ!」って。

小橋 アハハハ。まぁもちろん、そんなことを言えるわけがないですよね(笑)。それで腹が立ったまま食事会に行ったんです。で、挨拶だけして、彼女のことはまったく目に入ってなくて、男同士だけのようなつもりでガーッと飲んでいたんです。それでベロベロに酔っ払った姿を見せて・・・・。とにかく最悪の出会いだったんですよね。

テリー それがどうして2回目、3回目と続いたの?

小橋 後日、彼女に申し訳なかったなぁと思って、共通の知人に電話番号を聞いて、電話したんです。「この間はすみませんでした」って。そしたら「あ、はい。それで、何でしょうか」という感じのそっけない対応だったので、僕も腹が立って、1分もたたないうちに切りました。

テリー それじゃあ、結婚へは全然至らないじゃないですか。

小橋 でも、1カ月ぐらいした時ですかね。バッグを掃除してたら、彼女の電話番号を書いた紙が出てきたんですよ。それでもう1回かけてみようと。

テリー やっぱり気があったんだ(笑)。

小橋 そしたら、その2回目ではとにかく会話が弾んだんですよ。それで食事に行ったりとかして、つきあうようになって。

テリー いい奥さんを見つけましたね。

小橋 はい。もうありがたいですね。こんな僕をよく支えてくれています。

テリー これからの目標もいっぱいあるでしょう?

小橋 そうですね。「FD-1」をやりながら、テレビで芸能活動をさせてもらったりして、第二の青春というものを見つけていきたいなと思いますね。あとは杉良太郎さんがやっている「知って肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターをさせてもらってるんですが、そういった福祉活動もしていきます。

◆テリーからひと言

 小橋さんはプロレス一辺倒で、金儲けは苦手そうだから、読者でお金持ちの人がいたら、ぜひスポンサーになってあげてください!

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング