黄金ルーキーが呼び戻した星野監督の「闘将モード」

アサ芸プラス / 2014年3月25日 9時59分

 楽天のゴールデン・ルーキー・松井裕樹(18)が絶好調だ。当初は星野仙一監督(67)の“酷使”によって“短命”に終わるのではと不安視されていたが、当の松井本人はキャンプ、オープン戦と順調に実力を発揮し、あれよあれよという間に開幕ローテ入りも確実という具合だ。

 そんな黄金ルーキーの本領発揮は、星野監督の力が大きいというのである。

 楽天番記者が明かす。

「松井は星野監督にビビッてますね。もともと松井は先輩にもタメ口を聞いてきたほど神経は相当図太いんです。ところが星野監督は、そこに自分と近いものを感じたようで、育てようという意識を強く持ったといいます。それで、初対面前から『アイツはアイツで培ってきたものがあるのかもしれないけれど、俺が全否定してやる! 俺をなめんなよ!』と燃えていたそうです」

 実際、ファーストアタックで「なめんなよ!」といった熱い言葉を星野監督がぶつけると、松井の背筋はシャキンと伸びたというのだ。

「松井は星野監督に付いていこうとハラをくくったようですね」(前出・楽天番記者)

 一方で、星野監督自身がこうした「闘将モード」に入るのも久々であろう。

「星野監督が日常的に選手を殴り倒すような熱さで指揮をとっていたのは、中日時代と阪神時代の半ばくらいまで。松井という規格外の新人が呼び戻したのでしょうね」(球界関係者)

 闘将も惚れこんだ逸材の活躍には期待したいが、やはり酷使には注意してほしいものである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング