深田恭子がテレビCMでナイスなボディを披露

アサ芸プラス / 2014年5月1日 9時58分

 深田恭子(31)も「ポカリスエット」のCMで谷間を解放中だ。

「深キョンは昨年4月からこのCMに出演しており、着衣ながらもタプンタプンと揺れるマシュマロのような“横チチ”を披露しているが、ここまで谷間をクッキリ見せつけたことはなかった。今回が過去最大の露出となるはずです」(広告代理店関係者)

 CMは、顔のドアップから始まるが、

「エッ! キレイの秘密?まずは潤い。あとはねぇ」

 とつぶやくと、続いて下半身が澄んだコバルトブルーの人魚姿という全身が映し出される。

「どうしても知りたい?」

 両腕を上に伸ばしてあくびをし、足ならぬ足ヒレをバタ足でピクピク震わせると、肩ヒモのないチューブタイプのビキニの中身もプルプルンと揺さぶられ、そこでポカリをゴクリと飲み干すのだ。

 さらに、水中にザブンと飛び込んだあとは白い砂浜にゴロンとうつ伏せで横たわるのだが、小さめのビキニブラの内側で所狭しとDカップ乳が暴れ回って、こんもりと盛り上がるのだ。押しつけられてなお深い渓谷を刻む、“伝家の宝刀乳”は一瞬だけに見逃せないお宝シーンだろう。

「かつては深夜のラーメン店通いなど暴飲暴食を繰り返し、痩せてもリバウンドを繰り返したぽっちゃりボディの深キョンだが、昨年から肉体改造に取り組み、スリムなボディをキープしています。もともと水泳をやっており、胸部の発育はよかっただけに、全身がスリムとなってもバストのボリュームは落ちないので今が旬の三十路ボディです」(代理店関係者)

 人魚ならば上半身はハダカで、と言いたいところだが、かつて一世を風靡した“ドロンジョSMコスプレ”に続く艶姿と言えよう。

「30歳になり顔つきもシャープになり、小顔が安定しているだけに、肩ヒモのないブラから突き出た胸はFカップくらいに見えます。CMでは全身カットから後半に胸の谷間を挿入してくる。上半身を起き上がらせた時の胸の谷間がテレビで一瞬見えるだけで喉が渇いてきます」(小谷氏)

 これぞ谷間CMの効果で視聴者の購買欲もゴクリと飲み干しそうだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング