女性芸能人のタブー真相「衝撃の告白」篇(1)

アサ芸プラス / 2014年5月8日 9時58分

 テレビ画面の向こうで演技や芸で感動を与えてくれる芸能人も一人の人間。恋愛や夜の営みを巡るさまざまな苦悩を内に秘めている。時に、それが衝撃の告白となって本性を白日の下にさらすこともある──。

 昨年、「週刊新潮」で「修羅7年の記録」として不倫関係にあった阪神タイガース・和田豊監督(51)を告発したモノマネ女王・星奈々(41)。それによると和田監督の「不倫じゃない。真剣なんだ」という言葉を信じ、7年もの間、交際を続けてきた。だが、その関係は和田監督から一方的にピリオドを打たれたのだった。

「仕事もお金も何もかも失った」と失意の胸の内を語った星は、現在どうしているのか。本人を直撃した。

「今は弁護士さんと相談して、今後どうするかを検討しています。今は証拠集めをやっています」

──詳しい話はできない?

「そうですね。大事な時期なので‥‥」

──仕事のほうはどうですか?

「まぁ、ぼちぼちやっています。(昨年新潮社に話してから)今はまだ、何も変わったことはないので、お話しすることもないんです」

──和田監督からの連絡は?

「電話番号も変えてしまいましたし、何もアクションはありません」

──奥様からの嫌がらせなどもないですか?

「はい。(変えた)電話番号も教えてないですし、ありません」

 思いのほか元気そうな声ではあったが、星が失ったものを取り戻せるのはいつの日になるのだろうか。

 星のように苦しい胸の内を吐露する者もいれば、自身の男性遍歴を出版し、印税を稼ぐツワモノもいる。石原真理子(50)だ。著書「ふぞろいな秘密」(双葉社)では、玉置浩二(55)のほか、中井貴一、時任三郎、田原俊彦、明石家さんま、石黒賢、郷ひろみ、木村一八、吉川晃司ら13人との交際について、実名もあげて赤裸々につづった。09年2月、かつて交際していた玉置と婚約(再婚)したが、米国人の前夫との結婚が解消されていないため、婚姻届は受理されなかった。

 この一連の行動について、芸能記者が言う。

「石原は“プッツン”しすぎて、仕事は開店休業状態でした。本を出したのも玉置との仲を復活させたのも金のためでは‥‥。なのに自分を大物だと思い込んでいて『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)に出ていた時代から抜け出せない。『メイクもファッションも、みんな私のマネをしていた。私がその時代を作った』と今でも思っている。でも、あんな暴露本を出すような人とは怖くて誰も一緒に仕事をしようとは思いません」

 石原にとって「林檎」は、まさに“禁断の実”だったようだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング