女性芸能人のタブー真相「ハダカの履歴書」篇(2)

アサ芸プラス / 2014年5月14日 9時58分

 ヘアヌード写真にまつわるトラブルは多々あるが、中でも異彩を放ったのが、藤田朋子(48)と「アラーキー」こと荒木経惟氏がタッグを組んだ96年の「遠野小説」だ。

「なぜか、発売の段になって藤田サイドからNGがかかってしまったのです。確かにお尻の穴が見えそうなほど、刺激的なカットもありましたが、撮影自体は双方納得済みだったはず。それを一方的にホゴにするなど、何よりも大御所のアラーキーが面食らったでしょう」(女性誌記者)

 同写真集は出版差し止めとなったが、その決定直前に販売されたものは流通してしまったのである。騒動に輪をかけたのが、藤田の記者会見だった。得意(?)の英語を駆使し、女性レポーターに「Getout!(出てけ!)」などと罵倒するなど、人気女優のふるまいとはとうてい思えなかった。

 一方で、彼女の代表作である「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)への影響を考えたのでは、との憶測も流れた。この写真集が脚本家・橋田壽賀子氏の逆鱗に触れて降板させられたら‥‥というものだ。

 もっとも、この話にはオチがあった。

「橋田さんに近い筋から聞いたのですが、橋田さん自身はこの騒動を聞いて、『アラーキーに撮ってもらったのなら、ヘアヌードくらい当たり前じゃない』と周囲に話したそうです」(女性誌記者)

 大御所はヘアヌードぐらいで動じないのである。

 さて、大物熟女歌手・辺見マリ(63)は、93年のヘアヌード写真集「INFINITO」で大蛇と絡んでみせた。往年のファンならずともブッ飛んだものだ。

「一時、占い師にハマってかなりの金を貢ぎ、そのためにヘアヌードで勝負に出たという噂も駆け巡りました」(スポーツ紙芸能担当記者)

 肥留間氏は、こんな事実を明かす。

「占い師うんぬんは知りませんが、辺見さんに直接、脱いだ理由を聞いたら『お金よ、お金! 誰も好きこのんでヘアヌードなんてやりたくないわよ』と言ってましたよ。サバサバとした彼女らしい話しぶりですが、辺見さんのみならず、高額のギャラがヘアヌードの魅力であることは確かでしょう」

 一方、同じ熟女ヘアでも06年に「Myself」を出した安達有里(56)のケースは様子が違うようだ。

「彼女の場合は、娘に一種のライバル心を持っちゃったんじゃないでしょうか。若くして産んでいるし、“祐実のステージママ”じゃなく、自分もまだまだいけるってね」(肥留間氏)

 その後もママの自己露出は止まらず、美容整形からのヘアヌード、そして(イメージ風)AV出演へと突き進んでいった。有里の関係者が語る。

「彼女に会ってみるとわかりますが、年よりかなり若く見えるし、何といっても“天然系”です。彼女は今後もやりたいことをやると思いますよ」

 かくてハダカの履歴書は塗り替えられていく。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング