バスケットの田臥勇太と破局した前田有紀がどうしても譲れなかったコトとは!?

アサ芸プラス / 2014年5月12日 9時59分

 昨年3月にテレビ朝日を退社した前田有紀元アナ。その後、英国留学などの噂も流れたが、昨年10月にかねてから交際が報じられてきたプロバスケットボール、リンク栃木の田臥勇太選手と宇都宮市内で半同棲状態であることが発覚。「結婚も時間の問題」と見られていたが‥‥。

「今年の春になって、前田と田臥が突然の破局。それもあってか田臥の所属するリンク栃木も東地区のプレーオフで敗退。決勝進出を逃してしまった」(スポーツライター)

 それにしても交際6年で、なぜ破局してしまったのか。前田を知るテレビ局員が、意外な理由を語る。

「今や田臥はリンク栃木の中心選手。元NBA選手だけに、チーム内でも実力が突出しており、今後は選手のみならず指導者としても活躍が期待されている。そうなると、栃木での新婚生活が前提になるが、それに前田が難色を示していたと言うのです。その理由が『お母さんと離れたくない』そうで、最終的に『栃木には住みたくない』とまで宣言して別れたと言います」

 前田は現在、横浜で両親と生活。しかし、元航空機パイロットで現在は大学教授を務める父親は、単身赴任で不在がち。前田はテレ朝退社後は母親と悠々自適な生活を送っており、「一卵性親子」と言われるほどだという。

「前田は、テレ朝を辞めるときに周囲にも『もうアナウンサーとしてはすべてやりきった』と清々した様子だった。それ以降は、一人暮らしをやめ完全に花嫁修業モードだったが、あまりに自宅が快適すぎて、最終的に半同棲生活よりもニート生活を選んだと言うことでしょう」(テレビ局員)

 家でグ~タラ生活を送るくらいなら、いっそ女子アナ復帰してほしいが。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング