柴咲コウ「意外すぎるNG」に報道陣がボーゼン

アサ芸プラス / 2014年5月16日 9時59分

「次はこちらに目線ください」

「もっと笑顔でお願いします!」

 芸能人らがイベントに出演すると、冒頭のようにカメラマンからお決まりの注文が出る。特に、新商品のPRイベントともなればスマイル全開を要求されるのは、ごくごく自然なことでもある。

 ところが、柴咲コウ(32)だけは、決して自然なことではないようだ。先日、柴咲がCMに出演するアイスクリームの新商品イベントでのことだった。

 芸能記者が話す。

「柴咲が新商品を片手に写真撮影となったのですが、これが全く笑わない。あまりイベントには出演しない女優ですから、最初こそ遠慮がちだったカメラマンも『もっと笑顔で!』と叫び出した挙句、できあがった写真は微妙な半笑いばかりでした」

 そして、イベント終了後に報道各社にPR会社から連絡が入った。

「満面の笑みを浮かべている柴咲の写真があっても、その写真は使わないでほしいという申し入れだったのです。普通では考えられないことですよ」(前出・芸能記者)

 アイスだけに冷たい表情が欲しいということなのだろうか。

 ある芸能プロ関係者はこう話す。

「柴咲といえばクールビューティーというイメージもあり、戦略的に笑顔を控えめにしているということもあったのですが、最近は本人が笑顔の写真を撮られることを嫌がっている。というのも、笑顔になると、ほうれい線やアゴにシワが目立つようになったためだそうです」

 いつの間にか熟女化していた柴咲。是非とも「シワも私の一部よ」と開き直ったスマイルを見せてもらいたいものだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング