「混戦ダービー」をスポーツ紙3社の穴党記者が大胆予想(3)デビュー2連勝の“マイネルフロスト”見直す

アサ芸プラス / 2014年5月31日 9時57分

水戸 私も椎名もディープ産駒を本命にしたわけだが、豊島の本命は何だ。

豊島 僕はマイネルフロストでいきます。

水戸 おっ、そうきたか!

椎名 ディープインパクトからさらにひねって、ディープの全兄(父ブラックタイド)にいくという(笑)。

豊島 新馬→特別を連勝した時に、あ、この馬はダービー候補だな、と直感したんですよ。だって、そのあとの札幌2歳Sでは1番人気。少なくとも勝ったレッドリヴェールより評価が高かったわけですから。

水戸 グチャグチャの馬場で5着に負けたんだよな。

豊島 はい。それに絶対に稼がないといけない1口馬主の馬なのに、朝日杯FSや皐月賞も使わなかった。普通ならGIに出走させてマイネルの名前をアピールしたいところでしょ。それぐらい本気でダービーを獲りに来ている証拠です。

椎名 東京を舞台にした共同通信杯と青葉賞の負けは、どう捉える?

豊島 共同通信杯は完全に脚を余した形で、青葉賞は叩き台でしょう。賞金は足りてるんですから。それに、札幌2歳Sを除けば、負けたといっても着差は0.5秒以内ですからね。

水戸 この馬はな、非常に繊細なところがあって乗り難しい面もあるんだけど、馬っぷりがだんだんよくなってる。母系はヨーロッパの優れた血筋で距離も大丈夫。私も一発なら、この馬だと思っているんだ。

椎名 う~ん、いくら常識にとらわれないのが穴党だとはいえ、青葉賞6着から来た馬はいませんからね。青葉賞を勝つ、それも圧倒的な勝ち方でないとダービーでは話になりません。去年、やっと青葉賞2着のアポロソニックが3着に入ったぐらいですよ。いくら叩き台といえども、6着に負けているようでは。それなら京都新聞杯を勝ったハギノハイブリッドのほうがチャンスはありそうです。

水戸 展開が味方したとしても、前走は強かったな。

椎名 トニービン(母父)が入っているというだけで、底力がありますし。

豊島 去年、キズナが京都新聞杯を勝った時よりも、時計は速いですからね。

椎名 あと、ドラマ性ならショウナンラグーン。大久保洋調教師の最後の年。

豊島 祖母は自分が手がけたメジロドーベルだし。

椎名 騎手は厩舎所属の吉田豊。青葉賞を勝って滑り込みで出走権を手に入れたわけだけど、その時、大久保洋調教師は泣いていましたからね。勝てば美浦は大盛り上がりでしょう。

水戸 そうだな。いずれにしても大混戦なわけで、追い切りの動きは要注目だ。

椎名 ダービーが終わると世間はサッカーW杯一色。結局、終わってみれば。

豊島 トゥザワールドとワールドインパクトの“ワールド馬券”ですか(笑)。

椎名 あるかもよ(笑)。

◆プロフィール 水戸正晴 サンケイスポーツ記者。記者歴30年以上。穴党にファンが多い。本誌で「万券を生む血統論」を連載中。

◆プロフィール 椎名竜大 スポーツ報知記者。記者歴14年。10年に穴党に転じた直後のスプリンターズSで35万馬券を的中し、一気にブレイク。

◆プロフィール 豊島俊介 デイリースポーツ記者。記者歴8年。徹底取材で得た陣営の思惑にレース展開を加味した大穴予想で知られる。

◆アサヒ芸能5/27発売(6/5号)より

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング