ドンキホーテ谷村ひとし「AKB48第2弾はお盆明けに登場予定」

アサ芸プラス / 2014年6月7日 9時52分

 5月25日の夕方、全国を駆け抜けたAKB48握手会での事件は、全国のAKB48ファンのみならず、パチンコファンにも衝撃が走りました。12年、前田敦子さんの卒業LIVEイベントに合わせて登場した初代CRぱちんこAKB48を打って、初めてAKB48のメンバーを覚え、この2年間でAKB48のファンになったパチンコファンの数は何百万人にも上るでしょう。

 AKB48の今後の活動にも影響が起こることも心配されますが、1日も早い回復を、心の面でも十分ケアをなされることを祈るしかできません。

 テレビCMでは5月20日から新チームサプライズのスポットも流れ始め、いよいよパチンコ台の第2弾CRぱちんこAKB48~バラの儀式~が始動です。6月18日、横浜アリーナで行われる「KYORAKU SURPRISE FESTIVAL2014」で、その姿をついに現します。

 スペックなどは当日まで極秘で、まだお手つきが許されない状態です。第1弾がV入賞システムのライトミドル(199分の1)。とてもありえない2000発のSUPER MUSICBONUSの多発で、MAXスペックの台に引けを取らない甘い爆発を見せてくれました。AKB48のファンならずとも、全国のパチンコファンが夢中になり、知らず知らずのうちにメンバーを覚え、ファンになった読者の方も多いと思います。この2年間、その経済効果とAKB48人気を加速させたのは、パチンコファンの影響がなかったと言ったらウソになるほどです。

 全国のホールがリアルタイムクロックシステムでAKB48のコンサート会場と化してからまる2年。今もなお全国のホールで初代AKB48がバラエティコーナーや1円ぱちんこコーナーで健在です。そんな中、新メンバーと新曲も加わって新たなAKB48伝説がスタートするのは、お盆明け。恐らく10万台以上が一気に設置されるでしょう。2014年の上半期はルパン三世一色だったホールに、新AKB48旋風が巻き起こるのは間違いないと思います。

◆プロフィール 谷村ひとし 1953年生まれ。95年、みずからの立ち回りを描いた「パチンコドンキホーテ」(週刊モーニング)で大ブレーク。過去20年間のパチンコ収支はプラス6200万円突破。累計で20万人以上を擁する携帯サイトで毎日情報を配信中。詳しくは「谷村パチンコランド」で今すぐ検索!

※この連載に記載されたメーカーごとの大当たりしやすい回転数や独自の攻略法はメーカー発表の内容ではなく、あくまで谷村ひとし氏の経験則であり、データ収集に基づいた私見です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング