ローラ テレビ露出激減で次なる秘策とは!?

アサ芸プラス / 2014年6月17日 9時59分

 タメ口や舌出しパフォーマンスで、去年大ブレイクして「2013年ベストビューティストアワード」にも輝いたローラ。そのおかげでローラの所属事務所もNHK近くの新築高級マンションに移転。今では名実ともに一流芸能プロダクションの仲間入りを果たした。

「ローラのブレイクの陰に、大物女優を育てたこともある敏腕マネジャーの存在があります。本人のキャラ作りを始め、多忙なスケジュール管理や露出の方針についても、上手くいったのはそのマネジャーの力ですね」(女性誌記者)

 2012年、写真誌「フライデー」にモテ芸人、くりぃむしちゅー・有田哲平とのお泊りデートが発覚した時も、スキャンダルで沈むどころか、さらに人気に拍車をかけている。

「父親が詐欺容疑で国際指名手配された時も、本人ではなかったにしろ、ほとんどダメージがありませんでした。これは、みのもんたに比べたら天と地の差ですよ。そのあたりをみても、彼女が周りに可愛がられているのがよくわかります」(前出・女性誌記者)

 ところがそんな彼女の仕事に、異変が起きているという。この春に「笑っていいとも!」が終わって以来、目玉になるような番組もなくゲスト出演がほとんどで、仕事の激減が囁かれている。一体ローラに何が起きているのか。

「ツイッターのフォロワーの数をみても、彼女を支持する女性層はたくさんいます。これからは、そういった部分を活かして女性ブランドのイメージキャラクターやCMなどを中心に活躍していくつもりではないでしょうか」(ファッション誌編集者)

 確かに、はやりすたりの激しいテレビの世界より、ファッション業界で確固たる地位を築いた方が良いに違いない。

「彼女は若いうちに両親が離婚し、自分が家計を支え、双子の弟の下に双子の妹と弟を養っているんです。テレビの収入はバカにならないはずですが…」(前出・女性記者)

 意外に苦労人なローラ。次は、苦労人キャラで攻めてみるのも手かも!?

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング