セクハラヤジ議員を追い詰めた自民党最高幹部「出頭命令」のウラ真意

アサ芸プラス / 2014年6月26日 9時59分

「早く結婚したほうがいいんじゃないか」

 こんな女性蔑視ヤジを飛ばして東京都議会で質問中の塩村文夏議員(35)を“口撃”、当初ヤジを発したのは自分ではないとシラを切りながら、5日後の6月23日になって名乗り出た自民党の鈴木章浩都議会議員。“出頭”の裏には、この間、海外メディアにもこの問題が大きく報じられたこともあるが、とどめを刺したのは、前々日の自民党・石破茂幹事長のテレビでの発言だろう。

「誰であれ『自分でした』と言ってお詫びすべきだ。もしわが党であったとすれば、党としてお詫びしなければいけない」

 石破氏がこう指摘したのは、6月21日の読売テレビの番組。政治部デスクが言う。

「18日に塩村氏がヤジを飛ばされた直後から、鈴木議員が『犯人』の1人だということは我々の間では特定されていた。当然、党の上層部にもその情報は入っていたはずです。だから19日にこの問題が報じられてから即座に鈴木議員らに『出頭』を命じることもできたはず。それを、21日まで“引っ張った”ように見えるんですよ」

 好意的に考えれば、自民党上層部は、同党都連の自浄能力を信じていた、ということかもしれない。が、このデスクは、こんなうがった見方を披露するのである。

「6月16日に石原伸晃官房長官が発した福島原発の中間処理施設建設について『最後は金目でしょ』という失言の安倍政権への影響を最小限に抑えるため、あえて問題が拡大するのを待っていたのではないか。当日は鈴木議員だけでなく他に妊娠に関する蔑視ヤジを飛ばした議員もおり、その犯人探しなどで、テレビにとっては日持ちする格好のネタになることを見越してです。実際、石原氏への問責決議案が否決されたことや、石原氏が、福島の関係自治体に謝罪行脚したことなどは、ヤジ問題のニュースで目立たなくなった。政権への痛手を少しでもなくすために、末端の都議会議員には犠牲になってもらうことにして、タメを作ってから、ヤジを言ったやつは名乗り出ろという事実上の『出頭命令』をテレビ番組を通して発動したように思えるんです」

 くしくも、石破氏の発言と同日、麻生太郎副総理からも集団的自衛権を説明するのに、日本の立場を「いじめ」に例えた問題発言が飛び出した。それだけに、ヤジ問題が拡大してある程度長引けば、自民党国会議員の問題発言にはさほど注目が集まらず、あくまで都議会議員だけの問題で終わる──そんな計算もどこかで働いているに違いないというのである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング