みのもんた「ニホンウナギ“絶滅危惧種”指定で、ナスがウナギの代わりになる?」

アサ芸プラス / 2014年7月13日 9時56分

【ニホンウナギ「絶滅危惧種」へ】

国際自然保護連合は絶滅のおそれがある野生生物を指定する「レッドリスト」にニホンウナギを加えたことを発表した。日本は世界のウナギの7割を消費していると言われ、すぐに捕獲禁止とはならないが、ますますウナギの価格上昇を引き起こす可能性が高い。

 クジラの問題もそうだけど、「食は文化」という理屈は大賛成。でも、「ただ食えばいいってもんじゃねえよ」という姿勢を日本人は持ったほうがいい。絶滅危惧種って大変な問題よ。一つの種がなくなるってことは、地球の歴史に暗い影を投げかけるわけだからね。

 そもそも、どうしてもウナギじゃなきゃダメなのか? 例えば、ウナギの白焼きなんてさ、静岡のワサビを付けて、おいしい日本酒と一緒に食したら、それがアナゴでも気づかないんじゃないか。いや、アナゴだって十分に美味ですよ。ほら、話しているだけで腹減ってきちゃった(笑)。

 ウナギといえば蒲焼だろうって? それがさ、以前に「秘密のケンミンSHOW」で紹介したんだけど、群馬県太田市に「ナスの蒲焼」を出す店があってね。ナスなんて魚がいるわけない。もちろん野菜のナスのことよ。ナスを上手に開いてあぶって、御飯の上に載せて蒲焼のタレをかけてあるんだけど、見た目はウナギの皮にそっくり、食感も皮のパリパリ感と白身のフワフワ感がウナギと瓜二つで、ビックリしたねぇ。味も秘伝のタレで決まっちゃうから、御飯とかき込めばウナ重だと思っちゃう。

 何を言いたいかといえば、とりあえず絶滅させてまで、ウナギを食べなくてもいいじゃないってこと。日本の食文化にはナスの蒲焼のように、日本人の創意くふう、知恵が詰まった料理がたくさんある。どうしてもナスが嫌だっていうなら、サンマとかイワシの蒲焼の缶詰だってある。あの缶詰は本当においしいよ。

 とにかく、しばらくウナギを我慢しておこうぜ。クジラだって、ヤツらが餌とする魚の量はハンパじゃない。そのうち、増えすぎて大変なことになる。クジラもウナギもまた増えたところでおいしくいただきましょう! 絶滅したら、食文化もへったくれもないんだからさ。

◆プロフィール みのもんた 1979年に文化放送を退社後、フリーアナとなる。以後、数々の番組で司会、キャスターを務める。1週間で最も生番組に出演する司会者のギネス記録保持者でもある。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング