オスカー俳優ロビン・ウイリアムズ 死亡に潜む「薬と酒」の恐怖!

アサ芸プラス / 2014年8月19日 9時59分

 今年の8月11日、米オスカー俳優ロビン・ウイリアムズが、カリフォルニア州サンフランシスコ近郊の自宅で死亡しているのが見つかった。映画版「ポパイ」でデビューして以来、数々のシリアス物やコメディに出演しアメリカを代表するコメディアンでもあった。その死を悼み、オバマ大統領も、

「我々を笑わせ、泣かせ、それを必要としている人たちのために、無限の才能を惜しみなく発揮してくれた」

 と、異例の追悼談話を発表している。しかし、やがて鬱病による自殺が原因であると解ると、全米は元より日本でも衝撃が走った。

「ロビンは、80年代酒と麻薬におぼれ、友人の俳優・コメディアンのジョン・ベルーシが82年に麻薬中毒死した時も、死の直前まで一緒にいました。一度は立ち直りましたが、2006年にはアルコール中毒に陥り、更生施設に入っています。今回の自殺も長年の麻薬中毒とアルコール中毒が原因ではないかと言われています」(映画雑誌記者)

 また、お笑いと躁鬱病の因果関係を指摘する声もある。

「コメディアンを始め、お笑いを追求する人は、鬱病の人が多いんです。日本のお笑い界でもそう。鬱病の苦しい状態を抜け躁状態に入った時、爆発的に面白いネタが作れるという人もいます。そうした鬱の苦しみから逃げるために、麻薬に走るケースも見られます」(前出・映画雑誌記者)

 ハリウッドでは、今年の2月同じくオスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンがヘロイン中毒で亡くなっている。薬物汚染が日本の芸能界に飛び火しない事を祈るばかりだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング