橋本愛の「天野アキちゃん化」はプラス? マイナス?

アサ芸プラス / 2014年9月4日 9時59分

「あまちゃん」では能年玲奈演じる天野アキの親友・足立ユイ役でブレイクした橋本愛(18)。現在もフジテレビの「若者たち2014」で物語のカギを握る女子高生役を好演している。

 順調な女優ロードに比べ、私生活は何かと波乱含み。

「昨年5月には年上俳優の落合モトキとの交際が発覚。しかも橋本は17歳で、デート場所がバーであったことから飲酒疑惑まで取り沙汰された。事務所スタッフは『あまちゃん』がスタートして1カ月目の不祥事に真っ青になっていましたよ」(芸能レポーター)

 その後も新宿を徘徊している写真が撮られたり、会見で笑顔を見せずに「第2のエリカ様?」とささやかれたこともあった。

 こうした声をさえぎるためか、今までのクールビューティーと一変する役柄に挑んだのが、初主演作の「ハードナッツ!~数学Girlの恋する事件簿~」だ。昨年10月にBSプレミアムで放映されたのち、好評を受けてNHK総合でもアンコール放映された。橋本は天才数学少女で難事件を解決してゆく役どころだが、そのキャラクター設定といえば──、

「天然すぎるほど天然で、声の出し方も今までになくやわらかな感じ。つまりは能年玲奈そっくりになってしまった。熱烈な“あまラー”の間では、『ユイちゃんがアキちゃんになってどうする!』って声が多いですね」(テレビ誌編集者)

 放送中の「若者たち2014」は、フジテレビ開局55周年記念と銘打たれた大作だったが、あまりの脚本・演出のひどさに「バカ者たち」と揶揄され、視聴率も7%台の超低空飛行。今後も出演作は目白押しだが、ストレスがたまってまた「深夜の徘徊」となりませんことを‥‥。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング