料理にちょい足しするだけ!「酒粕」のダイエット効果がお手軽過ぎる

アサ芸プラス / 2014年12月14日 9時58分

 すっかり冬も本番。冷え込み厳しいこんな日は、鍋や温かい汁物が食べたくなるもの。そんな冬の定番メニューに“ちょい足し”するだけで、美容&ダイエット効果を発揮する、あるものをご存じだろうか。それが「酒粕」である。

 酒粕とは、日本酒を作る過程で出てくる搾りカスで、家庭では甘酒などを作るときに利用されるもの。この酒粕、実は美容健康効果がたっぷりなのである。

 たとえば酒粕に含まれるビタミンB群のなかには、疲労回復、精神安定、ストレスをためにくくする働きのあるビタミンB1や、皮膚、各器官の粘膜の健康維持を助けるビタミンB2が豊富。また、酵母や食物繊維も多いため、腸内の余分な油を吸着してくれたり、腸そのものの働きを活性化させる作用もあるから、便通改善にはもってこい。さらに、酒粕に含まれる成分がシミの原因になるメラニンの生成を阻害するという研究結果もある。

 酒粕の使い方は簡単、味噌汁やホワイトシチュー、鍋物に少し溶かすだけでよし。他にも納豆やキムチに混ぜたり、ホットミルクと混ぜてハチミツを垂らして飲んだりとアレンジの仕方は自由自在だ。

 食べるだけでなく、布袋に入れた酒粕をお風呂に入れれば美白・保湿効果も得られるうえ、保温効果もあるので冷え性改善にも有効とか。体の中からも外からも効果を実感できる酒粕パワー、お手軽なので一度試してみては?

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング