飯島直子と共演歴も!自民党に誕生したエリートすぎる国会議員

アサ芸プラス / 2014年12月17日 9時58分

 自民党が圧勝した今回の衆議院選挙で、エリートすぎる国会議員も誕生した。

 その議員とは、自民党の比例東京ブロックで当選した鈴木隼人氏(37)。学生時代には飯島直子とジョージアのCMで共演したこともある元経産省キャリアで、昨年、パチンコ・ゲーム界のガリバー、セガサミーHDオーナーの娘と結婚し、カジノ利権のキーマンと注目される人物だ。

「ゼネコン勤務の父親から国会議員の仕事の魅力を伝えられ、議員を志したという超エリート。東大時代は芸能プロダクションに所属し、CMなどに出演していた。大学時代は、みんなの党代表だった渡辺喜美氏の息子さんの家庭教師をしながら、政界人脈を築いていきました」(同級生)

 昨年の結婚披露宴は、徳光和夫の司会、石井竜也の歌唱、EXILEからのビデオレターと、多数の著名人が祝辞を述べ、新郎側の主賓に渡辺喜美氏、新婦側の主賓に安倍総理、森、小泉という元総理も出席という豪華なものだったという。

「若くして政務補佐官にしてくれた渡辺氏に対する恩義を感じていた鈴木氏にとって、みんなの党が解党したのは自民党から出馬するいいタイミングだった」(政界関係者)

 イケメン議員だけに、当選後は女性スキャンダルが気になるところだが、

「学生時代は5人の女性に告白されても、迷って相談するタイプ」(前出・同級生)

 と堅実なタイプのようだ。

アサ芸プラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング