不倫騒動をドラマ化!?矢口真里の芸能界サバイバル秘策

アサ芸プラス / 2014年12月19日 9時59分

「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で芸能界復帰を宣言、その後もネット番組「めちゃ×2ユルんでるッ!」に出演するなど、芸能界本格復帰の道を模索中の矢口真里。しかし、彼女に待ち受けているのはいばらの道のようだ。

「あれだけの不倫スキャンダルですからね。謝るのが遅すぎた感は否めない。お茶の間の主婦層はかなりの嫌悪感を持っているため、スポンサーは使いたがらない。復帰したからといって、すぐに休業前の状態に戻るのは難しいでしょうね」(テレビ関係者)

 自宅での不倫現場を、当時の夫で俳優の中村昌也に目撃されるというセンセーショナルな不倫スキャンダルが報じられたのは昨年5月のこと。その後、離婚を発表した矢口は全レギュラー番組を降板、芸能活動の休止を発表した。

「休業中は、ヒモ状態の彼とパチンコざんまい。貯金が底をついたため、芸能界に復帰したんです」(事情通)

 さらし者になりながらも、どうにか復帰を果たした矢口としては、一刻も早く稼ぎまくりたいところだろう。気になるのは今後の活動だが、

「現在、復帰会見をした『ミヤネ屋』で芸能レポーターになるという話が飛び交っています。その一方で、女優業への意欲も見せている。休業中、矢口はDVDを見まくって演技の勉強をしていたそうです。必要があれば脱ぐ覚悟もあるとか。その話を聞いたドラマ関係者は、いっそのこと自分の不倫騒動をドラマ化すれば、昨今の不倫ブームに乗かって間違いなくブレイクするのに、と話していましたね」(制作会社ディレクター)

 復帰以降、徐々に離婚真相を小出しに語り始めている矢口。この際、「事実を元にしたフィクション」で全部さらけだしてはどうか。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング