ヒロミ、山本淳一、マッハ文朱…消えた芸能人が続々と復帰する理由

アサ芸プラス / 2014年12月29日 9時59分

 今年の芸能界を振り返ると“リバイバルタレント”のなんと多かったことか。ヒロミ(49)、篠原ともえ(35)、後藤真希(29)。他にも、芸能活動休止状態から活動再開したかとうれいこ(45)、中島知子(43)、藤崎奈々子(37)、遠藤久美子(36)。元光GENJIの山本淳一(42)は、22日放送の「私の何がイケないの?」(TBS)に出演。芸能活動再開だけでなく、今年7月に“子連れ再婚”していたことも明かした。

 さらに、元女子プロレスラーとして活躍し、その後タレントに転身したマッハ文朱(55)も20年ぶりに復帰した。

「マッハの場合、長女は宝塚歌劇団星組の桃堂純。米国在住の次女は、将来有望なテニスプレイヤー。娘たちの活躍をバックアップするために芸能活動を通じてマスメディアとのパイプ作りをしたいのでしょう」(芸能関係者)

 では、他のタレントの復帰理由は何か? 自身も2010年に活動を再開した岡本夏生は、レギュラー番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)のなかで、

「私はカネだと思う!」

 と断言。さらに、ヒロミも出演したトーク番組で活動を再開した理由を聞かれると、

「やっぱりさ、テレビが一番儲かるね」

 と語った。芸能デスクがこう語る。

「自営業は別として、一度でもブレイクしたタレントが一般的な職に就くのはかなり困難。なにしろ芸能界の報酬(ギャラ)は桁が違いますからね」

 再びスポットライトを浴びるのは容易ではないが、それでも昨今よりは、復帰しやすい状況もあるようだ。

「復帰番組で話題を作ることができるかどうかですね。藤崎が8年越しの同棲生活を明かしたり、遠藤が子どもの頃の壮絶ないじめ体験を告白したのはそのため。また、最近は若者のテレビ離れも加速し、一番の視聴者である中高年以上には昔のタレントのほうが馴染みやすい」(前出・芸能関係者)

 やはり、芸能界はかなり“オイシイ”場所のようだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング