2012年 激動ニッポンを100大予告する お騒がせ男女

アサ芸プラス / 2012年1月6日 10時56分

未曽有の東日本大震災に、芸能界の親分の引退騒動など、激動の年が過ぎ、2012年を迎えた。しかし、依然として日本列島を覆う不透明感は拭い去ることができない。そこで、本誌は各ジャンル合わせて「100大予測」で混迷極める未来を照らしてみよう─。

  昨年は大物芸人の島田紳助(55)の電撃引退で揺れに揺れた芸能界。現在は所在不明の紳助に根強く流れているのが「芸能界復帰説」だ。
 本誌連載をまとめた「飲んで暴れて惚れて」(三才ブックス)を上梓したばかりの出版プロデューサー・高須基仁氏がとっておきのスクープを明かす。
「間違いなく、復帰しますよ。みそぎは終わった。①今年は、紳助の逆襲が始まります。最初はインターネットTVで、番組名は『素人・島田紳助』でしょう。弁護士も含め、ニュー紳助ファミリーを組んで戻ってきます」
 すでに、水面下ではこんなプランも‥‥。
「復帰当初は、テレビでの活躍が難しいので②ライブ中心のおわび全国行脚があるとか。彼は“暴排条例”の流れを受けて、その宣伝役になるという話も持ち上がっています」(興行関係者)
 復帰といえば、今年11月、酒井法子(40)の執行猶予が明ける。これを機に芸能界復帰が確定的だ。
 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が語る。
「敏腕の仕掛け人の下、③のりピー人気が根強い中国でコンサート復帰することになりそうです。ヒロイン役の華流ドラマが逆輸入され、その後に日本で本格的な復帰を果たすというシナリオでしょう」
 ガチンコFUCKで痴態をさらけ出したAVデビュー作が、空前の大ヒットを記録した小向美奈子(26)。第2弾も好調にセールスを伸ばす中、いよいよモザイク越しのアソコも見られそうだ。
「確かにAV界を席巻こそしたが、モザイクがかかるわけで、やはり彼女は、“王道”を歩むでしょう。最初の浅草ロック座(のステージ)ではパンティを脱いでいないので、海外で覚えたという④ポールダンスを披露していただきながら、ご開帳するしかない。浅草の街が待ってる! と言いたいね」(高須氏)
 さらには、AV出演騒動も起きていたが、昨年12月21日に突如、入籍と妊娠を発表した加護亜依(23)には仰天プランが進行しているという。
 芸能記者が言う。
「ハロプロ時代の盟友・辻希美との再合体。⑤“ダブルユー”の復活です。実は、昨年から辻も自宅とは別に別宅を借りて別居生活を送るほど、夫婦仲が冷え込んでいる。どうやらそのこともあり、疎遠だった加護ちゃんと連絡を取り合っているようで、加護の出産後に、ママタレコンビとして再出発を図る」
 あまりのハードスケジュールに「目の下にクマがある」と同情的なトーンが目立つ芦田愛菜(7)。子役タレントが次々と使い捨てられる中、同じく消え去ってしまうのだろうか。
 佐々木氏が続ける。 「愛菜ちゃんの場合は、他の子役とは一線を画す本物の“天才子役”でしょう。豊かな表現力だけでなく、人を引き付ける魅力にあふれている。⑥昭和の美空ひばりや高峰秀子のような国民的スターを予感させます」
 実際、芸能界の大物プロデューサーも愛菜ちゃんに食指を伸ばしているとか。テレビ局関係者が言う。
「すでに水面下で4月から⑦NHKで彼女主演の連続ドラマが内定済み。決定すれば史上最年少の主演女優になるでしょう」
 一方、視聴率では松嶋菜々子主演の「家政婦のミタ」(日本テレビ系)に抜かれたものの、「JIN─仁─」(TBS系)で大沢たかおの相手役を務めた爆乳の綾瀬はるか(26)もその動向が気になるところ。芸能レポーターによれば、
「⑧来年のNHK大河『八重の桜』のヒロインが決定し、映画も『ひみつのアッコちゃん』と、際どい露出は難しい。大沢たかおと破局し仕事に専念となるのでは
 映画「プリンセストヨトミ」のような乳揺れは来年以降に持ち越しのようだ。

この続きは全国のコンビニ、書店で発売中の『週刊アサヒ芸能』でお楽しみ下さい。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング