突然死・大平シロー破天荒人生

アサ芸プラス / 2012年2月29日 11時0分

 1980年代のMANZAIブームで一世を風靡した漫才コンビ「太平サブロー・シロー」の大平シローさんが、難治性心室細動で急死した。西川きよしやデーモン小暮らの独創的なものまねを得意にしていた。あの島田紳助が漫才を諦めて紳竜コンビを解散したのは、サブロー・シローとダウンタウンにはかなわないからだと言われている。
「確かにシローさんは天才でした」と語るのは、お笑いに詳しい関西在住のコラムニスト・吉村智樹氏。
「台本もなくネタ合わせもしない。出番当日、相方のサブローさんに『オレが酔っ払いになるから、絡まれる役をやって』と言うだけ。なのに本番ではテンポのいいやり取りで大爆笑。でもコレ、相手がサブローさんだからできたこと。92年のコンビ解散後、若手とコンビを組んだり、『大平シローと懲りない面々』というものまねコント集団をうめだ花月シアターでやっていたんですが、シローの厳しい指導のプレッシャーにノイローゼに追い込まれ、入院した芸人もいました」
 天才ゆえにプライドも高かった。88年、吉本興業から独立して東京に進出したのも、明石家さんまや島田紳助の成功に刺激されたからだという。
「シローは子役からドラマや映画に多数出演し、もともとは役者志望。芸人というより芸能人という意識が強い。だから気取った東京弁をしゃべっていた。芸人たちからは失笑を買っていたけど」(ベテラン芸能記者)
 プライドの高い天才は奇行も多かった。東京進出当初、「おれのマンションにはカッパがいる」と騒いだり(壁にカッパのようなシミが浮き出た)、シンガポール・ロケのため、羽田から成田までリムジンバスで移動したら、「ヘリを出せ!」とどなり散らしたり‥‥。
「こういった奇行を東京行きに誘われた元吉本のマネジャーが暴露した。島田洋七から『白人と黒人を含めた4人でコントをやろう』と誘われ、その発表イベントをすっぽかしてマネジャーのせいにしたり‥‥と、よっぽど腹に据えかねたんでしょう」(夕刊紙記者)
 シローは2度離婚しているが、「最初の奥さんが恨んでいる」と霊能者に脅かされて“お祓い”したこともあった。92年には参院選にミニ政党から突発的に出馬し、落選している。
 結局、東京進出はうまくいかず、まずサブローが吉本興業に謝って復帰。シローも99年に復帰した。しかし、仕事はジリ貧となり、ここ数年はタレント活動はなく、焼酎バーやたこ焼き店の経営で収入を得ていた。
 絶縁状態と伝えられたサブローは、訃報を受けた取材に対し、4年前、大阪・心斎橋の小料理店で会い、その後、道頓堀まで歩いた時、シローから「もういっぺんサブロー・シローっていうの、どうなんや?」と振られたことを語った。
「シロー君、申し訳ないけど、僕の中ではそれはないねん」と断ったら、寂しそうな顔をしたという。
 享年55。合掌。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング