テリー伊藤 対談 伊集院静(4)夏目さんはよく笑う子でした

アサ芸プラス / 2012年3月23日 10時54分

テリー 伊集院さんはモテますよね。
伊集院 そう言われるのはね、僕の略歴がそうだから。
テリー 実は僕、奥さんを学生時代から知ってたんですよ。
伊集院 どっちですか。篠のほう、夏目のほう?
テリー 夏目さん。彼女が女学館にいた時から。というのは、彼女の同級生とつきあってたんです。結構よく笑う子でしたよね。
伊集院 そう、1回笑うと止まらない。
テリー 彼女が「伊藤さん、私、今度化粧品のコマーシャルに出ることになったんだ」って言うから、「えっ、そうなの」とか言ってたんですよ。そしたら、マルチェロ・マストロヤンニなんかと共演して、世の中に出ていって。本当に凄いいい女だったんですよ。それを伊集院さんはつかまえたわけでしょう。どうしてそんなことができるんですか。
伊集院 いや、それは縁だからね。
テリー 「『薔薇』という字が書けるかい?」って、すらすら書いて口説いたというのは本当なんですか。
伊集院 それはもう全然言ったこともないし、今でも書けない。
テリー あ、あれウソですか。
伊集院 そういうものですよ。マスコミがそういうものを作るんです。
テリー なってますよね。
伊集院 その時は、何て嫌な男に作るんだと思ったけど、私はたまたま作家という仕事をしてるし、引き受けりゃ済む問題だと思って。でも、2回目の今のかみさんに結婚をって言われた時、それはダメだって言ったの。2回やると、殺されるよ、世間の男からと。
テリー それはそうですよ。いい女2人とね。
伊集院 でも、2人ともきちんとした人だったからね。松井(秀喜)が女優さんとつきあって、結婚を考えてた時、「どうですか」って言うから、やめとけって言ったの。100人のうち99人、性格が悪いからって。俺はその1人に当たっただけなんだ。200人で2人っていうのは凄いことだぞ。キミがそんな確率で当たるわけがない。
テリー ハハハハ。
伊集院 キミは3割5分ぐらいしか打てないんだろうって。そしたらやめましたね。女優と暮らすっていうのは、家の中に主役が2人いることだから。正解でしょう。あんないい奥さんと出会ったんだから。俺は、お前は家に帰ったら役を抜け出して味噌汁作るとかしなきゃダメだろうって怒るんだけど、周りの人は「伊集院さん、頼みますから味噌汁なんか作らせないでください」と。その意味がわかったのは最近ですね。
テリー どうやって口説くんですか。話術が達者なんですか。
伊集院 話術は達者じゃないですけれども、頼んだんじゃないの、土下座して。というほうが聞こえはいいですよ。いずれにしても大変なんだよ。震災があって、仙台在住の人は無事かっていう時、最初にサンケイスポーツに「篠ひろ子夫妻無事」って出たんだよ。伊集院静って、ひと言も書いてない。
テリー おかしいですね。
伊集院 そんなもんなんですよ。東京駅のプラットホームに立ってたら、酔っ払いが「サインもらってよ」って。「俺はマネジャーじゃないって言ってるだろ」って、そんなことはたくさん起きるんですよ。やっぱり男の視線が普通じゃない。
テリー 美人と結婚したからしょうがないですよ。
伊集院 テリーさんこそモテるでしょう。女房が凄く興味を持ってた。
テリー いや、モテていたいですね。
伊集院 僕はあなたを好きそうなタイプのホステスがわかるもん。
テリー ハハハ、今度紹介してくださいよ。

テリーからひと言
もっといろんなことについて話してみたいです。まずは女の口説き方から、じっくり教えてください。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング