高島彩、フジテレビ以外解禁で「出たい番組」「出ない番組」

アサ芸プラス / 2015年10月9日 9時59分

写真

 フリーアナウンサーの高島彩が10月7日、「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演した。2010年にフジテレビを退社して以降、初めてとなる「フジ以外」への出演に注目が集まっている。

 番組で「退社して5年。そろそろ新しい世界をと思っていたところ、オファーを頂いて『絶対出たい』と思いました」と語った高島だが、この発言に対し、民放各局では「アヤパン争奪戦」が待ったなしの状態だという。

「どの局からも『アヤパンを使いたい』という声が聞こえてきますね」

 と語るベテランの構成作家が続ける。

「まだ子供が小さいので、生番組のレギュラーは大変だとしても、クイズ番組やトーク番組の司会として、各局が何度も彼女に出演依頼しているんです」

 果たしてアヤパンは今後、どういった番組に出演するのだろうか。フジテレビ時代の彼女の先輩にあたる社員が証言する。

「元々、高島が好きな仕事は街歩きや食レポといった『ロケ番組』なんですよ。本当はスタジオ収録の番組よりも外に出たいって、昔から言っています。育児疲れのストレス解消もできるだろうし、フリーで自由がきくようになった今後は、外に出る番組をメインにすると思いますよ」

 思えば彼女の実父である俳優の故・竜崎勝は「くいしん坊!万才」の2代目リポーター。やはり、血は争えないようである。

(白川健一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング