ギャンブルライター・浜田正則の「パチンコ必勝手記」“「内規変更」でMAX機が消える!?旧内規の新台は用心して打とう!”

アサ芸プラス / 2015年10月20日 17時54分

写真

◆よもやま話「内規変更」◆

 アサヒ芸能10/22号が発売された週に、パチンコ内規が基準変更されます(施行は11月1日から)。

 変更内容は、大当たり確率が320分の1よりも悪い台は11月1日以降導入できないというもので、詳細は次のとおりです。

 MAX機(大当たり確率の上限400分の1)は10月31日の開店まで導入可。

 ミドル機<1>(同320分の1)。16年2月29日の開店まで導入可。

 ミドル機<2>。16年4月30日以降の開店まで導入可。

 同じミドル機でも、こちらは「市場ベース30以上」が条件となっています。「市場ベース」というのは「実際にホールで営業した際に、お客が玉100個(1分あたりの打ち出し数)を打ち込んで何個の戻しがあるか」の数値。

 <2>は、「お客が100個打ったら戻しが30個なければならない」という条件がわざわざ付加されているので、これを見るに、ミドル機<1>と<2>は、ヘソ3個戻しの台と、1個戻しやスルー(0個)の違いでしょう。

 さらに、確変継続率65%の機種も、16年4月30日まで導入可(こちらに関しても市場ベース30以上は条件)で、これらの条件を合わせると‥‥。

 確率は320分の1まで、確変は65%未満、玉持ちを悪くしすぎない、ということになります。

 これは客には優しい改善でしょう。「刺激が減る」と嘆く人より、「遊べるなら歓迎」という意見が大多数ではないでしょうか。

◆実戦指南「駆け込み導入にご用心」◆

 ただ怖いのは、店やメーカーが、今の売り上げありきで台を開発した場合。潜伏確変やノーマル当たりでの時短ナシなど、結局、前より悪いスペックになるかもしれません。

 それもこれも新内規台の導入が始まるのは11月1日以降なので、目下の注意点は、「何でもリリースしてしまえ」という「旧内規台の駆け込み導入」です。

 えてしてこういうタイミングには極悪な台が紛れ込むおそれがあります。なので、新台だからとやみくもに座るのは控えましょう。

 また、こうした内規改正が起きると、「MAXも打ち納め」という衝動に駆られて、「クギがシブくても打っちゃえ」となりそうですが、それも店の思うつぼです。一発台や保留連チャン機がなくなっても、そのつどそれを再現すべく台は開発されてきました。MAX機もまた似たようなのが出ますから、受け流しておけばいいんですよ。

◆プロフィール 浜田正則(はまだ・まさのり) パチンコ生活歴29年。業界寄りの記述をする「パチンコライター」とは一線を画し、ファン目線で真実のみを文章につづる「ギャンブルライター」として18年目を迎える。漫画の原作者としても活躍しており、作品は多数。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング